映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2008-02-04 米仏連合

gakus2008-02-04

 アメリカで人気があるという同名ゲームを映画化した『ヒットマン』(4月公開)は、タイトルどおり殺し屋を主人公にしたアクション。米FOXスタジオ主導の製作作品だが、リュック・ベッソンのヨーロッパコープが製作に絡んでいるうえに、ヴィン・ディーゼルも製作総指揮に名を連ねている、なんとも不思議な人脈による映画だけれど、このメンツから想像できるとおりの内容。

 小さいころから殺し屋として養成されてきた冷徹なヒットマン(『ダイ・ハード4.0』の悪役も記憶に新しいティモシー・オリファントがスキンヘッドで熱演)が任務の途中で殺すはずの女性を救ってしまったことから、初めて人間らしい感情に目覚める…というストーリー。お話自体はありがちといえばありがちだが、恐ろしいほどスピーディーに物語が進むので退屈しないし、アクションにもカタルシスがある。何より、次の『007』のボンド・ガール、オルガ・キュリレンコのヌードが拝めるのはありがたや、である。

 スコアは“ジェイソン・ボーン”シリーズを思わせる(というか、ヨーロッパ・コープの作品らしくというべきか)デジデジした曲が多く、既成曲の使用もそんな感じ。なので知らん曲ばっかだったけれど、主人公が乗り込んでいく武器商人のアジトではJUSTICE“DVNO”がかかっていて、ちょっと安心。この人たちも一応エレクトロニックに分類されるのだろうが、このナンバーに限ればソウルっぽいと思う。最近では珍しい、英語圏で人気のあるフランスのアーティストだから、ここでの起用も腑に落ちた。

 ジャケはJUSTICE、昨年リリースのアルバム『CROSS』。