映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2008-02-09 ストレーンジ!

gakus2008-02-09

 CSをつけっぱなしにしていたら、懐かしい『ロストボーイ』をついつい最後まで観てしまった…。久しぶりに観たけど、やっぱり面白れー。

 田舎町にある母の実家に引っ越すことになった少年が、不良少年然(リーダーは「24」でおなじみのキーファー・サザーランド)としたバンパイア軍団に戦いを挑む…というお話。アップテンポの展開、ジョエル・シュマッチャー(シュマッカーとかシューマカーとか言われるより、こっちの呼び名の方が80's世代としてはピッタリくる)の粘着質の演出が醸し出す不気味さ、ガキ共の勇み足のユーモアなど、改めてみると見どころも多い。当時子役として人気を博したコリー・ハイムが主人公を演じ、やはり当時の子役スター、コリー・フェルドマン(『スタンド・バイ・ミー』)が、ともにバンパイアと戦う少年を演じているのだが、彼らの服装がいかにも80年代的で、今見るとダサ微笑ましい。

 で、この映画といえば、やはりオープニングとエンディングにフィーチャーされるエコー&ザ・バニーメンの“PEOPLE ARE STRANGE"。ご存じのとおり、ドアーズのカバー。“あんたがヨソ者なら、周囲の人間は奇妙に見える”という歌詞はやたらと不安感を煽る。曲調も物寂しげだし、この手のスリラーには合うことを再確認。

 ジャケはもちろん、この曲を収録したECHO & THE BUNNYMEN、英国盤12インチシングル、1987年リリース。

 そしてなんと、今年『ロストボーイ』の続編がアメリカで公開される。DVDスルーらしいが、コリー・フェルドマンは前作と同じ役で出演するというから、ちょっと気になる。

おまけ↓

2006年に再会したダブル・コリー、左がハイムで右がフェルドマン。Whatever happened to Corey Haim!?

f:id:gakus:20080210020235j:image