映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2008-02-12 スカスカですね…

gakus2008-02-12

 デビッド・クローネンバーグの新作『EASTERN PROMISES』は、いったいいつ日本公開になるのやら。前作『ヒストリー・オブ・バイオレンス』ほどアカデミー賞では騒がれていないけれど、主演男優賞ノミネートのヴィゴ・モーテンセンは、なるほどの大熱演を見せていて、これがなかなか面白い。

 舞台はロンドンのロシア移民社会。ナオミ・ワッツ扮する助産婦が、14歳のロシア出身の少女の出産を手伝うも、この少女は死亡。彼女が遺した、ロシア語で書かれた手帳を手がかりに身寄りを探そうと、人の良さそうなロシア料理店経営者(アーミン・ミューラー・スタール)に翻訳を頼むが、この男は実はロシアン・マフィアのボス。ヘタレ息子(ヴァンサン・カッセル)とともに死んだ少女に売春を強要していた張本人であり、手帳と赤ん坊は組織犯罪の証拠となる。かくして、彼は手帳と赤ん坊の処理を、ポンクラ息子のお抱え運転手をしている切れ者風情のロシア人(これがヴィゴ)に一任するが…。

 冒頭、床屋での暗殺シーンからしてバイオレンスが炸裂。『スウィニー・トッド』のようにスパッとスラッシュするのではなく、カミソリを丁寧に往復させてゴシゴシと首を切る描写が登場。死体の指を切るシーンを、やたらと丁寧に見せるのもクローネンバーグ・マナー。そして、一見ストイックなヤクザ者ヴィゴの大活躍である。全米公開時からすでに話題になっていた、サウナで2人の刺客に立ち向かう全裸立ち回りの凄いこと!背中と腹を切りつけられ、おびただしく出血しつつ、それでもチ●コ丸見え、裏筋もしっかり見せて大暴れする姿は、ある意味、完全に突き抜けてしまっている。もっとも、アカデミー会員が評価しているのは、ロシア語訛りの英語を巧みに操ったことなんでしょうが…。

 そんな漢・ヴィゴと対をなすヴァンサン・カッセルのボンクラ・キャラが面白い。ボスの息子という地位を生かしてやりたい放題で威張り散らし、ヴィゴに対しても二言めには“これは命令だ!”と凄んでみせる。

 そんなヴァンサンが娼婦たちをはべらせ、ヴィゴに“今夜どの女とやるか選べ!”と命じるシーンがある。そこでオーディオから流れているのが、LIBERTY Xの“JUST A LITTLE"。5年前にイギリスでヒットした、いわゆるダンス・ポップなんだけど、今聴くと風化を感じずにいられないチープなアレンジ。ヴァンサンがヘタレに見えるのは、この曲の効果も大きいような気がする。

 ジャケはこの曲を収めたアルバム『THINKING IT OVER』、2002年リリース。


追記

『イースタン・プロミス』の邦題で2008年初夏日本公開。

戦慄の絆 <デジタルリマスター版> [DVD]

戦慄の絆 <デジタルリマスター版> [DVD]

winerwiner 2008/02/14 11:07 viggoってほんとうに最高ですよね!
それと娼婦の館で流れている曲ず〜と探していたのでありがとうございます!
今聴くと風化を感じずにいられないチープなアレンジ。ヴァンサンがヘタレに見えるのは、この曲の効果も大きいような気がする。まさにそのとおりです!

gakusgakus 2008/02/15 02:49 コメントありがとうございます。いろんな意味で、この映画のヴィゴには男臭さを感じました。日本公開が待ち遠しいです。