映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2008-03-12 バカ映画御用達

gakus2008-03-12

 『俺たちフィギュアスケーター』の次はピンポンだ!…というワケではないが、卓球を題材にしたバカ・コメディー『燃えよ!ピンポン』が今月末、公開される。これも昨夏の全米公開から随分と経ったけれど、楽しみにしていた一作。

 かつて天才卓球少年と呼ばれたものの、オリンピックで恥をさらして以来落ちぶれて、ピンポン・ショウの芸人に身をやつす主人公ジャック・ブラックタイプの濃いオデブコメディ俳優ダン・フォグラー)。そんな彼にFBIが白羽の矢を立て、ジャングルで行なわれる犯罪主催卓球トーナメントに潜入して欲しいと依頼する。かくして主人公中国人老師の元で修行を積み、トーナメントに挑むのだが、それは敗者に容赦しない死のトーナメントで…といった具合に、『燃えよドラゴン』のパロディー的要素が強い。登場人物は見事なほどのズッコケぶりで、目が見えないのに卓球マスターとして活躍する老師はとくにおかしいが、マギーQふんするその娘はお色気キャラでよろしい。彼女にしても、カンフー卓球の一体技というとんでもない特技がある。

 主人公子供のころからのデフ・レパードの大ファンで、ラケットに“DEF LEPPARD最高!”などと彫っていたりする。もちろん、要所でかかるのは彼らのヒット曲で、主人公が父の墓の前で潜入捜査を決意するシーンでは“PHOTOGRAPH”、宿敵との決戦では“ROCK OF AGES"が、ドカーンと鳴り響く。ノーテンキなドラマに好相性のハードロック。そういえば、『俺たちフィギュアスケーター』の予告編でもデフ・レパードが鳴ってたな。

 ジャケは1983年の大ヒット・アルバムデフ・レパード『PYROMANIA』。確か『炎のターゲット』とという邦題がついていたと思う。

KanKan 2008/03/15 18:17 初めて書き込みさせて頂きます。
確かに「炎のターゲット」です。デフレパには昔かなりハマってました。
この作品には結構注目していたのですが、デフレパが鳴り響くなんて知りませんでした。凄くワクワクします!
ちなみにジャックブラック好きの友人が予告を見て、初め主人公がジャックブラックに見えた、と言ってました。

gakusgakus 2008/03/16 05:16 コメント、ありがとうございます! 学生のころ、このアルバムはメチャ流行ってたので、自分もなんとなく耳にしておりましたが、一曲目の“ROCK ROCK”は好きでした。このころの曲は忘れたころに耳にすると、意味もなく燃えてしまいます(笑)。映画は何も考えずに見れるので、気楽にご覧になってみてください。

taco.taco. 2008/03/24 14:44 予想を上回るくだらなさでした。会場に向かう主人公を送りに来たヒロインがデフレパードのTシャツ着てたのに笑いました。心を開いたって事ですもんね。

gakusgakus 2008/03/25 01:45 女子が男と同じロックTシャツを着るというのは、愛の深さの証明です(笑)。普通は“いい加減、大人になりなさいよ”とあしらわれるところなんだから…。