映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2008-03-25 お気楽セレクトの効

gakus2008-03-25

 昨日に続き、今日もちょっとノーテンキな選曲の話。トム・ハンクスジュリア・ロバーツの共演が話題の『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』(5月公開)について。

 1980年代に実在した米下院議員チャーリー・ウィルソン(ハンクス)の、アフガン情勢に対する型破りな行動を描いた物語。ソ連侵攻下のアフガンの現実を目の当たりにした彼は、難民を救おうと大胆な手段に出るが…。社会派映画の重みを後味として残す。ある程度、当時のアフガン情勢を頭に入れておいて見た方がベター。

 とはいえ、まったくお堅い映画ではなく、美人秘書軍団(その名も“チャーリーズ・エンジェル”!)をはべらせたり、ジュリアふんする富豪夫人と不倫したりと、よく言えば豪放な、悪く言えばいい加減なチャーリーのキャラが押し出され、物語そのもののノリは楽しい。そんな人物でさえ世界を変えられなかった…という現実が哀愁を感じさせるのだが。とにかく、主人公のキャラに合わせたのかお気楽なナンバーが多く、バリー・ホワイトフィリー・ソウル風のナンバーやら、ドナ・サマーのディスコ・ソングやら、デビッド・ボウイの“LET'S DANCE"やら、バカ売れしたわかりやすいナンバーが次々と聞こえてくる。チャーリーの愛人がジュース・ニュートンの大ヒット曲“ANGEL IN THE MORNING"をオーディオから流れてくる曲に併せてあっけらかんと歌っていたり。重くなり勝ちな題材を軽くする上で、これらの選曲は文句なしに効果を発揮している。

 ジャケはJUICE NEWTON、“ANGEL IN THE MORNING"を収録した1981年のアルバム『JUICE』。ちょうど自分が洋楽を聴き始めた時期に、アメリカで流行っていたアルバム。今思うと、なぜこのアルバムがバカ売れしたのか……不思議な気がする。