映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2008-05-11 失速

gakus2008-05-11

 ご無沙汰している間に、当ブログ4周年に。5年目はちょっとユッタリ・ペースで続けていこうと思います。今後とも宜しくお願いします!

 それはともかく、今週末全米で公開されたアンディ&ラリーのウォシャウスキー兄弟、『マトリックス』シリーズ以来となる監督作『スピード・レーサー』(7月公開)。アメリカでは初登場全米ナンバーワンになるとふんでいたものの、初日(9日)の数字を見ると先週1位の『アイアンマン』に遠く及ばないどころか、キャメロン・ディアス主演のラブコメにも負けてるとは…。

 『スピード・レーサー』は、ご存じのとおり、アメリカでも人気を博した1960年代の和製アニメ「マッハGO GO GO」のリメイク。時速600キロでアクロバティックなサーキットを激走るする若き天才レーサーが、金満実業家率いるレース・チームの勧誘を蹴って権力に闘いを挑むという、痛快エンターテインメントに仕上がった。『マトリックス』が回を重ねるほど難解になっていった反動か、製作・脚本作品『V・フォー・ヴェンデッタ』ではそれを噛み砕き、さらに子供でも理解できるように“革命”を描いたのが本作といえるのでは。“反体制エンターテインメント”として楽しめるし、個人的にも燃え燃えだった。それだけに、この全米でのコケかたは意外だったなあ…。週末3日間の数字はまだ出ていないからわからないけれど、『アイアンマン』逆転は厳しそうな気配。

 その『スピード・レーサー』、嬉しいことに、エンディング・ソングには、日本版アニメの主題歌がサンプリングされていて、40代の方であれば懐かしい気持ちになれるはず。自分はこのアニメ版の内容をほとんど覚えていないが、主題歌だけは鮮烈に残っていたので、これだけで嬉しくなりました。

 ジャケは、ジャパニメーション・オタクといえば、この人、マシュー・スウィート/MATHERW SWEET、1995年リリースのシングル『WE ARE THE SAME』。このシングルのカップリング曲として、アニメ版『SPEED RACER』のテーマ曲をカバーしています。