映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2008-06-17 今日もラブコメ

gakus2008-06-17

 昨日取り上げた映画よりもデート・ムービーらしい『近距離恋愛』(7月公開)のお話。

 パテリック・デンプシーふんするニューヨークのプレイボーイと、ミシェル・モナハンふんする絵画修復家は10年来の親友同士で、毎日曜ごとに会っている。そんなある日、モナハンは出張で数週間スコットランドに出かけるが、寂しさをつのらせるデンプシーは初めて彼女を愛していることに気付く。しかし時すでに遅し。彼女はスコットランドで貴族と恋におち、婚約していた! モナハンはデンプシーに花嫁付添い人を務めてほしいと頼んでくる。デンプシーはこの機に彼女を奪い返そうとスコットランドに飛ぶが、相手の男は何やらせても彼より才能があり…。デンプシーのジタバタ具合は妙味だが、このふたり、周囲に迷惑かけすぎ。まあ、バカ映画と思えばも腹も立たないけれど。

 デンプシーが悪友たちに励まされ、花嫁強奪を決意するシーンでかかるのはエル・プレジテンテの"WITHOUT YOU"。”多くの過ちを犯してきた。でも君がいなとダメだ"という歌詞は、主人公の心情を恐ろしく的確に表していて印象に残る。ダメ男の恥も外聞もかなぐり捨てたラブソング。ファンキーなビートも、この映画のノリにマッチしている。

 この他、気づいたところではデンプシーがさっそうとNYを車で飛ばすシーンではレニー・クラヴィッツの新しいアルバムの一曲目(タイトルど忘れ)が流れる。フラテリスの"HENRIETTA"は、花嫁がパブでキスを売るシーンでのフィーチャー。そして、デンプシーとモナハンの運命的なシーンでは『バタフライ・エフェクト』のエンディングにも使われたOASIS”STOP CRYING YOUR HEART OUT”が切なげに響く。

 ジャケはEL PRESIDENTE、2005年リリースのシングル『WITHOUT YOU』。そういえば、このバンド、スコットランド(グラスゴー)出身。あっ、FRATELLISもそうだった!