映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2008-06-23 生真面目さの中の不真面目

gakus2008-06-23

 今週末に公開される『告発のとき』は、アカデミー賞受賞作『クラッシュ』に続いてポール・ハギス監督が手がけた力作。実話を基にしたこの映画では、軍から失踪し、死体となって発見されたイラク帰還兵の行方を追う、その父親(演じるトミー・リー・ジョーンズアカデミー賞にノミネートされた)の奔走が描かれる。共演のシャーリズ・セロンは、彼を助ける女性刑事役。イラク戦争に異議を唱える社会派の視点に加え、主人公が味わう絶望的な感情が、作品自体をヘビーなものにしており、確かな歯ごたえを感じさせるはず。

 実はこの映画を見たのは半年近く前なんだけど、その時には聴いたことあるな…という程度にしか思わなかったが、オーストラリアのバンドで英国のインディー・レーベル、4ADからアルバムをリリースしている新進アーティスト、WOLF & CUBが"This Mess"を提供していた。ストリップ・バーで流れているのがそれで、ノイジーかつダンサブルな曲調は、この映画の中で使われている楽曲の中では明らかに異色。しかし、それゆえに印象には残る。ジャケはこの曲のシングル。