映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2008-07-01 濃ゆいほどファンキー

gakus2008-07-01

 『俺たちフィギュアスケーター』がヒットした余勢を駆って日本公開されるウィル・フェレルの最新主演作『俺たちダンクシューター』(8月公開)。そう、今度はバスケットボールを題材にしたコメディー。

 1970年代、アメリカにはNBAの他にもうひとつ、エンタメ性を重視したABAというプロバスケット・リーグが存在していた。この映画は、そんな事実を背景にしている。フェレルが扮するのは一発屋の歌手で、印税でABAの弱小チーム、トロピックスを買い取り、オーナーと監督、選手、エンターテイナーを兼任している。そんなある日、リーグの解体が決定。リーグ戦の上位4チームはNBAに吸収されるが、それ以外のチームは解散を余儀なくされるのだ。かくしてフェレルは元NBAの補欠選手(ウディ・ハレルソン)をチームに引きいれ、ベスト4入りを目指して奮闘する…。フェレルは相変わらずバカっぷりを披露しているが、『俺フィギ』に比べると全体のバカ度は控えめ。これは負け犬たちの奮闘に重きを置いた結果で、その部分を牽引するハレルソンは比較的シリアス・キャラ。しかし、そんなスポ根のアツさと、おかしさがほどよく調和して、個人的には大好きな一作となりました。

 劇中のフェレルの一発ヒット曲“LOVE ME SEXY"はソウル風のエロ・ソングで、なんと実際にアメリカではシングル発売されたとか(歌手名は役名でもあるジャッキー・ムーン)。濃いキャラのフェレルが、これを思い入れたっぷりに歌うと、もうそれだけでおかしい。ちなみに、この曲のプロデュスはシックのナイル・ロジャース。で、↓これがその曲のPV。

D

 で、既成曲のセレクトも70年代的なファンキー・ソウル主体。SLY & THE FAMILY STONEの曲が2曲聴ける他、AVERAGE WHITE BAND"PICK UP THE PIECES"がアウェー戦の試合会場で流れたり、OHIO PLAYERSの"LOVE ROLLERCOASTER"がハーフタイムで流れてきたりと、とにかくノリノリで楽しい。

 ジャケはAVERAGE WHITE BAND、"PICK UP THE PIECES"を収録した1974年のアルバム『AWB』。