映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2008-07-02 下町ファンタジー

gakus2008-07-02

 ミシェル・ゴンドリーの新作『僕らのミライへ逆回転』(9月公開)は前半こそトンがった展開で笑わせるものの、着地点は意外にも人情劇だった。

 ニュージャジーにある、今どき珍しいVHS専門のレンタル店。この店の店長(ダニー・グローバー)は、店員(モス・デフ)に経営を任せっきり。そんなある日、店に入り浸っている無職の男(ジャック・ブラック)が現われたせいで、すべてのビデオテープがダメになってしまう。この男、発電所に忍び込んだために体に帯電していて、そのせいでテープの磁気が消去されてしまったのだ。それでも常連客は絶えず、『ゴーストバスターズ』を借りたいとか、『ラッシュアワー2』を貸してくれなど注文を付けてくる。困ったモス・デフとブラックは、ならば”自分たちの『ゴーストバスターズ』を作ってしまえ!、どうせあの客はこの映画を見てないんだし"と、ビデオカメラを手に撮影に当たる。で、この手造り映画が顧客にウケてしまい、彼らはさらに他の映画も手造りリメイクして品揃えを充実させる。実は店は市の都市計画にによって取り壊し寸前だった。彼らの手作り映画は、そんな店の救世主となるはずだったが…。ここまでが前半。後半はゴンドリーの前作『ブロック・パーティ』にも似たダウンタウンのファンタジーと化す。なので最初から最後までバカ・ノリを期待すると肩透かしを食らうかもしれない。下町在住の自分としては、希望のあるエンディングにグッときてしまった。

 時代に取り残されたレンタルビデオ屋が舞台となるので、BGMもノスタルジック。舞台となる店は実在したジャズ・アーティスト、FATS WALLERの生家という設定になっていて、この人が残した"I AIN'T GOT NOBODY”が、この録音の他、モス・デフ、BOOKER T.らのカバーによってフィーチャーされる。メインテーマというべき、この曲の大らかな響きが、まずイイ。

 他は前日のエントリー『俺たちダンクシューター』と同様に、70年代ファンクが選曲の肝となる。先述のBOOKER T.率いるTHE MG'Sの"SUNNY MONDAY”がまるでスコアのようにハマる。最高!というわけで、ジャケはこの曲を収めた1971年のアルバム『MELTING POT』。

↓『ロボコップ』『2001年宇宙の旅』の手作りリメイクも飛び出すトレーラー。

D