映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2008-07-14 ずっとボンクラ

gakus2008-07-14

 先週の出張時、飛行機内で見たコメディー『DRILLBIT TAYLOR』。ジャド・アパトウやセス・ローゲン等『40歳の童貞男』チームが製作に絡んでいるのだが、彼らの映画は良くてビデオスルーだから日本公開は微妙なところなんだけど、自殺騒ぎを起こして以来のオーウェン・ウィルソンが元気な姿を見せているだけに、なんとか公開にこぎつけてほしい。

 お話は、上級生のイジメの標的にされる男の子3人組が、元特殊部隊員と称する男をボディガードとして雇うというもの。この男を演じるのがオーウェンとなれば当然、特殊部隊員というのは大ウソで、宿なし、金なし、節操なし、口だけは巧いという予想通りのキャラクター。そんな彼が子供たちとの交流をとおして、ホンのちょっとだけ成長するのであります。

 エンディングにかかるのがWEEZER"PHOTOGRAPH”。ボンクラ少年映画にふさわしいセレクトで、ハートフルな後味にもマッチする。リヴァースは”欲しいなら、きっと手に入る、でも満たされることはない”と歌っているが、ボンクラは何歳になってもボンクラなのかもしれない。ジャド・アパトウの映画は老若問わずボンクラばかり出てくるしね。というわけで、ジャケはこの曲を収めた国内盤CDシングル、2001年リリース。

『Mr.ボディガード/学園生活は命がけ!』の邦題で2009年1月23日DVDリリース。

とおりすがりとおりすがり 2008/07/19 11:54 初めまして。私もタイ帰りにこの映画を観ました。
エンディングテーマを聞いてから「なんだっけこれ!?」病にかかって1週間過ごしてて
今日自分のCDラックをいろいろ漁ってもWEEZERだっけ?ファウンテンズオブウェインだっけ?と答えが見つからず、
ネットで探したのになかなか見当たらず、やっとここにたどり着きました。
おかげさまでやっとスッキリしました!ありがとうございます!

gakusgakus 2008/07/20 00:41 コメントありがとうございます! お役に立てて何よりです。
ついつい飛行機で見ちゃうタイプの映画でしたね。