映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2008-08-16 凍りつく

gakus2008-08-16

 劇場公開時に見逃していたイギリス映画『フローズン・タイム』をDVDで観賞。新しい才能の出現を実感させる好編でありました。

 失恋したショックから不眠症に陥った美大生が、有り余った時間を利用してスーパーでバイトを始める。そこで彼は時間を止める才能があることに気づき、静止状態の中でデッサンを重ね、やがてそのモデルとなった女性店員に恋するようになるが…。静止映像の中で主人公だけが動き回る映像の面白さ、虚弱体質風の主人公を筆頭にイタズラ魔やスタント・オタク、カンフー・マニアなどのキャラクターのヒネッた描写など、センスの良さを随所に感じる。ロマンチックなドラマにまとめ上げている点もソツがなく、ショーン・エリスという監督、ただ者ではなさそうだ。

 音楽は知らない曲が多かったが、懐かしい曲が聴けた。主人公が元カノにキスされた現場を目撃し、怒って帰宅しようとするヒロイン。それに気づいた主人公が時間を止めて彼女を追いかける、そのシーンでFRNKIE GOES TO HOLLYWOOD“THE POWER OF LOVE”が流れる。”時間を止められても戻すことはできない”という主人公の独白に、このメロドラマチックなナンバーが重なり、切なさもひとしお…という寸法だ。この曲、大袈裟すぎるアレンジが好きではなかったのだが、このように映画のピースとして聴くと効果的に響き、まさしく凍りつくような緊張感を醸し出す。

 ジャケはそのシングル、UK盤。1984年暮れの全英ナンバーワンヒット・ソング。