映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2008-08-20 緊張するライブ映画

gakus2008-08-20

 ルー・リードが1973年に発表した3枚目のソロアルバム『BERLIN』(画像)は商業的不振により、その収録曲がライブで演奏される機会はほとんどなかった。が、2006年このアルバムの全曲を演奏するというルー・リードのライブが企画され、その模様を『潜水服は蝶の夢を見る』のジュリアン・シュナーベル監督がフィルムに収めた。この映画『ルー・リード/ベルリン』が9月に日本公開される。

 アルバム『BERLIN』は、ベルリンを舞台に娼婦キャロラインとバーの歌手ジム、そして歌い手である"俺”の三者のドラマを紡いだもので、一応はコンセプト・アルバム(ルー・リード本人はコンセプト・アルバムとは認めてないんだけど)。"俺”はバイセクシャルで、キャロラインとジム、両方に心ひかれながらジャンキー暮らしをおくっている。キャロラインは子供を役人に奪われ、やがて自殺してしまう。要約すると、そういう内容のアルバム。

 ルー・リードはいつものように仏頂面でプレイを続ける。バックバンドとの連携も見事。個人的にゾクゾクしたのは"CAROLINE SAYS I"の後半、ギタリストによるノイジーなカッティング。全体的に地味なアルバムだが、この部分は鳥肌モノだ。

 シュナーベルはこのコンサートの舞台演出も手掛けていて、ステージ後方のスクリーンにはキャロラインのイメージが映し出される(キャロラインを演じているのは『潜水服〜』にも出演していたエマニュエル・セニエ)。リードを筆頭に職人ヅラしたムサい男たちがステージ上に立っているせいか、彼女の色気はひときわ印象深い。

 個人的な話になるけれど、自分はこのアルバム、学生のころにリードのセカンド『TRANSFORMER』と一緒に買ったのだが、当然のように頻繁に聴いたのは『TRANSFORMER』の方。『BERLIN』は"THE KIDS"の子供の泣き声のSEがなんだか怖くて、積極的に聴く気になれなかった(このアルバムとDAVID BOWIEの『LOW』のB面は、夜中にひとりで聴くのが耐えられないアルバムだと思う)。今回のライブで、泣き声が聞こえてくるんじゃないかとドキドキしてたら、案の定、SEで聴こえてきて"うわーっ”てな気分に。

 とにかく、ライブ映画として緊張して見れたことは間違いない。全曲を終えた後、ルー・リードはアンコール的に3曲をプレイするが、最後に演奏したのは"SWEET JANE"。この曲が始まると同時にエンドクレジットが流れ出す。そして曲の締めの部分、リードはギターのカッティングのリズムをミスって一瞬舌を出して苦笑い。最後の最後に緊張が解けました…。

taco.taco. 2008/08/22 12:04 今を思うと20歳くらいでルー・リードを聴いてた自分って凄いなって思ったりしませんか?

gakusgakus 2008/08/22 12:22 名のあるモノは何でも聴いてみようと思っていた時期だったじゃないですか。当時は今のように選択肢も広くなかったから、ロックだけ聴いてればよかったし。