映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2008-08-30 エディは世界を繋ぐ

gakus2008-08-30

 すでに公開されている『グローバル・メタル』は、『メタル ベットバンガーズ・ジャーニー』(2006年4月19日のエントリー参照)に続いてサム・ダン監督が手掛けたヘヴィメタル・ドキュメンタリー。前作が世界中で反響を呼んだことから、ダンは今度は世界をめぐり歩き、各国のヘビメタ・シーンを見て歩く。

 国が違えばメタルのとらえられ方も異なり、ブラジルでは個性を追求するための音楽で、中国では抑圧のはけ口だったり、インドネシアでは暴動そのものだっり。日本は他のどの国とも違うようで、娯楽のひとつとして受け止めているファンが多い。"日本のメタル・ファンは、欧米のファンのように社会への怒りをメタルに求めていない”とは、本作での伊藤政則の弁。なるほどねー。メタルの受け止められ方というよりは、それを通して各国のお国柄が見えてくる。これは興味深い。

 ちょっと驚いたのが、どの国に行っても必ずといってよいほどアイアン・メイデンのTシャツを着ているファンがいること。メイデンのジャケに登場するグロ・キャラ、エディが、誰の胸部にもどーんと乗っかっている。自分はこのジャンルには無知なので、ここまで人気があるとはビックリ。受け止められ方は国によって違っても、"神"には変わりないらしい。ボーカルのブルース・ディッキンソンいわく、“どこの国でもキッズはキッズだ”。

 ジャケは、IRON MAIDEN"2 MINUTES TO MIDNIGHT"シングル盤、1984年リリース。ブラジルでのシーンで彼らのコンサート・フッテージが挿入され、そこでプレイされるのがこの曲。当時イギリスでやたら売れていたと記憶している。このフッテージでもファンは大合唱だ! それはともかく、このエディ君はいささか地味。

KanKan 2008/09/04 12:56 こんにちは。まさに中学生だった1984年当時、アイアン・メイデンにハマっていました。当時、メタル聴くことが一つのアイデンティティになっていたと思います。やっぱメイデンはサウンドもイメージも特別なものがありますし、もし今ライブ観に行ったら「キッズ」になってしまうかもです。

gakusgakus 2008/09/04 23:59 コメント、ありがとうございます! 自分は当時はメタル好きではなかったので、恥かしながら音を聴いただけでは他のバンドと区別できないのですが、このバンドの受け止められ方が尋常ではないということは、そこに特別な何かがあることは理解できました。自分もイイ歳ですが、好きなバンドのライブに行く時は”KIDS ARE ALRIGHT!”な気分になれますよ。