映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2008-09-09 今のマンチェ

gakus2008-09-09

 『ダブリン上等!』に続いてジョン・クローリー監督が手がけた『BOY A』(11月公開)は、前作とは打って変わってシリアスなドラマ。少年刑務所らしきところから出所した青年が、新たな名前を得て新生活に臨むのだが、メディアに煽られた世間はそれを許さず、この主人公は追い詰められていく…というストーリー。少年がいったい何をしたのかは映画が進むほど明らかになり、そこにミステリー的な面白さを見て取ることはできるが、同時に自分の周囲にこういう人がいたら、どうするか?という疑問を投げかける。彼の保護監察官とその息子のエピソードもからみ、緊張感に拍車をかける。舞台となるマンチェスターの重い空気感も活きている、なかなかの力作!

 舞台はマンチェスターで、主人公が職場の友人とともにクラブに行くシーンがあるんだけど、さすがに昔のマンチェ物はかかっていない。MINT ROYALEやROBYNといった今風のダンス・ミュージックのフィーチャー。中でも印象に残るのは、MYLOの”DROP THE PRESSURE"で、図らずも飲んでしまったエクスタシーにラリッた主人公が、狂ったように踊るシーンで流れる。ジャケは、これを収録した2004年のアルバム『DESTROY ROCK & ROLL』。

 主人公の心の支えとなるヒロインがオデブちゃんだったので、THE SMITHSMORRISSEYの歌詞を、つい思い出してしまったことを、ついでにメモっとこ。