映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2008-09-24 old punks

gakus2008-09-24

 米マサチューセッツ州の小さな町に拠点を置いて活動する”ヤング@ハート”は、メンバーの平均年齢が80歳という高齢者合唱団。ご老体とはいえ侮ってはいけない。噂が噂を呼び、今や国境を越えてツアーを行なっているのです。この合唱団にスポットを当てたドキュメンタリー『ヤング@ハート』(11月公開)のお話。

 映画はメンバー各々の生活や境遇を紹介しながら、6週間後に控えた地元での恒例のコンサートに向けて、猛特訓を積む爺さん・婆さんたちの奮闘をとらえている。面白いのはレパートリーで、ボブ・ディランジミヘンデビッド・ボウイらのナンバーの他、クラッシュやラモーンズトーキング・ヘッズといったパンク勢の曲もある。もっとも選曲自体は54歳の指揮者兼主催者がやっているのだが、じいじもばあばも元気いっぱいで歌う、歌う。公演に向けて、新たにマスターしようとする曲はソニック・ユース"SCHIZOPHRENIA"やコールドプレイの曲だったりする。

 目からウロコだったのは、おなじみのナンバーでも歌う人が違うと曲の持つ意味が違ってくるということ。ジョーイ・ラモーンが"I Wanna be Sedeced"と歌うのと老人たちがこう歌うのでは、まったく違う意味になる。ミック・ジョーンズが格好よくがなりたてる"Should I Stay or Should I Go?"も、老人たちの歌で聞くと不謹慎なんだけど、つい吹き出してしまう。

 とにかく、そんなユーモアを抱えて生きているからか皆さんお達者で、生きることに対して、とてもポジティブ。象徴的なのが刑務所の慰問コンサートのシーンで、始めはニヤニヤしながら聴いている囚人たちも、最後の方では涙ぐみ。"こんなに感動したコンサートは初めてだ!”と老人たちをハグする。

 公演までの6週間の間に不幸にも世を去ってしまうメンバーもいるが、この映画ではそれがドラマチックに機能する。とにかく笑って泣ける映画でありました。

 ジャケは"SCHIZOPHRENIA"収録、SONIC YOUTH、1987年のアルバム『SISTER』。

taco.taco. 2008/09/27 10:55 ロックの歌詞なんて悪く言えば言葉の達者なガキの能書きかも。それを様々な経験を積んだ老人の歌で聴くことで歌詞の深みや逆に稚拙さを発見する事が出来るとすれば凄い。
「When I’m Sixty-Four」を歌わせたいな。作ったポール・マッカートニー本人でさえ既にその年を越えたあげくに離婚訴訟までしてるんだから、原曲以上に牧歌的になるのでは?…逆にシニカルに聴こえるかな?
曲のタイトルだけで妄想するとSUEDEの曲なんかも歌ってもらうとインパクトありそう。

gakusgakus 2008/09/28 07:36 SUEDEの初期曲をブレットが年取ってから歌うと谷崎潤一郎的なにおいがしそうですな。ユーモアと皮肉は確かに多そう。言葉の達者なガキといえば、“歳老いる前に死にたい”と歌ったTHE WHOが好例だけど、今の彼らのプレイを聴くと、”まだ年寄りじゃないんだよ!”という気概を感じます。