映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2008-12-01 ボーイでごめん

gakus2008-12-01

 マイク・ミニョーラの原作コミックに惚れこんだ『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ監督が放つ『ヘルボーイ』の続編『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』(1月公開)は、あくまで個人的ではあるが、またしても傑作。ヘルボーイのキャラが本質的に変わってないのがイイ!

 前作で自然発火少女リズと結ばれた、地獄生まれの怪力男ヘルボーイは、相変わらずリズやエイブ・サピエンとともに超常現象対策に追われている。そんな折り、現世の魔界支配を企てる闇のプリンスが、封印された最強の兵団ゴールデン・アーミーを甦らせようとする。この危機にヘルボーイは立ち向かうのだが、予期せず苦戦を強いられ…。

 ヘルボーイの危機は魔界対決だけではなく、リズとの関係にも現われる。子供っぽさが抜けず、同じレコードとCD、どっちも捨てられない困ったクセを”私の物はどこに置くのよ、レコードは捨てなさい!”とリズに叱られるハイフィデリティなタチ。他人事じゃないぞ。今回はエイブも恋に落ちて、ヘルボーイとビール飲んで悩みを打ち明けあうという、笑えるのか痛いんだか微妙なシークエンスもある。

 印象的なナンバーは色々あるのだが、曲名とアーティストを把握しきれていないのが残念。ヘルボーイが鏡を覗き込んで苦悩してるシーンで流れる”BEAUTIFUL CRATURE〜”というサビの曲は切ないし、彼とエイブがビールを飲みながら聴くオールディーズも妙味。

 認識できたのは、ヘルボーイが冒頭の魔物との戦のさなか、勢いあまって窓から落下するシーン。スローモーションの落下に、なぜかTRAVIS”ALL I WANT TO DO IS ROCK"が重なる。こんなこと言ってるから、いつまでも恋愛下手なんだって。わかっちゃいるけど、ロックは止められない。

 ジャケはトラヴィスのデビュー曲"ALL I WANT TO DO IS ROCK"、1997年の再発盤シングル。