映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2008-12-02 偉人になれなくて

gakus2008-12-02

 『裏切り者』のジェームズ・グレイ監督が、同作のマーク・ウォルーバーグとホアキン・フェニックスを再び起用した『アンダーカヴァー』(12月公開)はニューヨークを舞台にしたポリス・ストーリー。

 父親が警視で兄もエリート警官(マーク)という警察一家に育つも、ロシアン・マフィアとつながるナイトクラブのマネージャーというヤバい仕事をしているのがホアキン。折りしもNY市警はロシア系麻薬組織の摘発に乗り出し、全面戦争状態となって兄が撃たれ、最初は嫌がっていたホアキンも警察のオトリ捜査に手を貸す。ところが今度は父が殺され、完全に吹っ切れたホアキンは警官に志願し、仇撃ちを誓う…というお話。ロシアンマフィアという擬似家族と、お堅い本物の警察一家の間で揺れ動く、ホアキンの迷いがドラマの軸となる。グレイ監督ならではの硬派な一編。

 時代背景が1980年代なので、ホアキンのクラブではBLONDIE"HEART OF GLASS"やDAVID BOWIE"LET'S DANCE"なんかがかかっている。ニューウェーブ風選曲はいかにもニューヨーク。ホアキンと悪仲間のたまり場では、同じニューウェーブでも、もっとトッポくて、ポーカーをしているシーンではSPECIALSが聴こえてくる。たまり場でのパーティーのシーンではTHE CLASH"THE MAGNIFICENT SEVEN"に合わせて、ホアキンとヒロイン、エバ・メンデスが踊る、踊る。父や兄に比べてマグニフィカントでない、自分に対して開き直っているみたい。後半では警官になるけれど、復讐という動機自体、警官の職務とはかけ離れてるもんなあ。

 ジャケは1981年リリース、ザ・クラッシュ"THE MAGNIFICENT SEVEN"のUK盤7"。