映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2009-01-16 アシッド・キング&クイーン

gakus2009-01-16

 ニューヨークの動物園の人気者たちが、マダガスカルの大自然の中で悪戦苦闘するさまを描いた、ドリムースワークスのヒット・アニメ『マダガスカル』。その続編『マダガスカル2』の日本公開が3月に決定。ライオン、シマウマ、カバ、キリンの前作でおなじみの4匹が、NYに帰ろうと思ったらサバンナの荒野に不時着。そこでまたしても野性の本能が試されることになる。

 ベン・スティラーが声を当てている主人公のライオン、アレックスは今回は両親と劇的に再会。しかし父親は百獣の王たるライオンなので、感動の再会は息子アレックスの軟弱さを知るや、すぐに失望へと変わる……。アレックスのシティ・スリッカーぶりは相変わらず楽しいうえに、ペンギン・カルテット(個人的に前作最高のお気に入りキャラ)も健在。テンションの高いコメディ・リリーフであるキツネザルの王様も4匹の旅に同行しており、"踊るのっ、好っき好っき”の歌はここでも聴ける。

 サバンナの宴の後、余韻を引きずって、このキツネザルは鼻歌を歌いながらフラフラしてるんだけれど、この歌、TINA TURNERの"PRIVATE DANCER"。場末の踊り子の悲哀を歌った、この曲、王様が歌うにはあまりにふさわしくなくて、つい笑ってしまいました。で、ジャケはティナ・ターナー、84年リリースの国内盤シングル"PRIVATE DANCER"、マーク・ノップラー(ダイアー・ストレイツ)作の名曲……なんだけど、80年代的髪型のせいなのか、それとも映画のイメージのせいか、ティナがサルっぽく見えてしまう。

muramura 2009/02/02 09:58 ハゲップラー作なのに、コレ知りませんでした……。チェックします! あと先日のロックフェス、アリガトウゴザイマシタ!

gakusgakus 2009/02/03 04:06 お帰り、ですね! こちらこそ、ライブは楽しませてもらいました。女子の間ではmuraさんカッコ良かったと評判ですよ。もとい、このナンバーは良い意味でノップラーの枯れたセンスが光っていると思います。ティナの80年代のヒット曲の中では、いちばん好きだな。

muramura 2009/02/05 03:03 女子の間でカッコ良かったと評判……とてもありがたいのですが、ハゲた中年なのにナゼ……。PRIVATE DANCER、YOUTUBEにPVがありました。おお、どう聴いてもハゲップラー先生の曲、と思いつつ、ギターがハゲップラーとは思えず、らに検索してみたら、ギターはジェフ・べックでした。確かに押しの強いギターだったし納得!

gakusgakus 2009/02/05 04:01 ひとえに帽子のお陰かと(笑)。冗談はともかく、自分もギターを弾きなながに焼けグソ気味に歌うmuraさんに、なんだか清々しいものを感じたのは事実です。そして、あのギータソロがベックだったとは知りませんでした。勉強になりました!