映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2009-01-21 帰ってきた!

gakus2009-01-21

 俺たちのイーストウッドが帰って来た!と思わずにはいられない『グラン・トリノ』(4月公開)。監督とともに主演を兼ねるのは『ミリオンダラー・ベイビー』以来4年ぶり。監督に専念した『チェンジリング』も確かに良い映画だが、自分はこんな"俳優"イーストウッドが本当に見たかったんだよ!

 イーストウッドふんする主人公は、1950年代で思考が停止してしまったかのような頑固オヤジ。朝鮮戦争に出征した際の忌まわしい記憶に苛まれ、実の息子さえサジを投げている。人種偏見も甚だしい。ある日、彼の愛車グラン・トリノが、隣家のアジア系一家の息子に盗まれそうになる。これを阻止したイーストウッドは、ひょんなことからこの少年に"男”的な生き方を伝授することになる…。

 『許されざる者』『ミリオンダラー・ベイビー』の贖罪意識、『センチメンタル・アドベンチャー』のような疑似親子的関係、『ハートブレイク・リッジ』『ルーキー』における人生の先輩像、『スペース・カウボーイ』『ブラッドワーク』の老いの自覚、『恐怖のメロディ』『ダーティファイター』にも通じる女性に対する畏怖、そして『ガントレット』『トゥルー・クライム』にも似たダメ男像。本作を最後に俳優業を引退すると宣言したイーストウッドの、ある意味、集大成。そんな思い入れ抜きにしてもラストは男泣きだ!

 しかも御大はエンディングのテーマ曲も作曲するほどの活躍ぶり。共同作曲者のシンガーソングライター、JAMIE CULLUMがこの歌を歌っているんだけど、これが作品のテーマに迫る内容で、感涙に拍車をかける。

 この映画に関しては、まだ冷静になれないな。とりあえず、ジェイミー・カラムの近作で2006年リリースの『CATCHING TALES』のジャケをのっけとく。この人に関する知識は皆無に等しいんだけど、聴いてみてもいいかな、という気がしてきた。

グラン・トリノ [DVD]

グラン・トリノ [DVD]

グラン・トリノ [Blu-ray]

グラン・トリノ [Blu-ray]