映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2009-02-09 甦る80年代

gakus2009-02-09

 今週はホラー・ウィークだ! というわけで、タイトル通りの初日で劇場公開される1980年製映画のリメイク版『13日の金曜日』の話。製作プロダクションはもちろん、マイケル・ベイ率いるホラー・リメイク乱造メーカー、プラチナム・デューンズ!

 舞台はおなじみ、クリスタル・レイクのキャンプ場。バイト監視員の不注意で息子のジェイソンが溺死したことから、その母親がバイト君たちを虐殺するも、最後の一人に返り討ちに遭う。ところが実は生きていたジェイソンが、今度は母親の仇を討つため、湖畔にやってくる若者たちを惨殺してゆく…というお話。ご存じのとおり、オリジナルの『13日の金曜日』はジェイソンはまだ殺人鬼ではないので、この一作目と続編を併せてリメイクしたような感じ。『テキサス・チェーンソー』のマーカス・ニスペルが監督を務め、観客を真剣に怖がらせる演出を徹底。この人の殺伐としたドラマ作りは、もう少し評価されてもいいと思う。

 音楽はやはり若ウケしそうなインディーズモノ主体のようだ(自信が持てないのは知らない曲が多かったから…)。後に血祭りにあげられる若者たちが湖に向かって車で出発すると、BUMBLEBEEZ”FREAK YOUR LONELINESS"が流れ、若者たちがノンキに水上スキーを楽しんでるシーンではTHE HIVES”TICK TICK BOOM"が惨劇のタイムリミットが迫っているかのように鳴り響く。

 しかし、個人的には懐かしいNIGHT RANGER"SISTER CHRISTIAN"。タイトルが出る以前、ジェイソンが最初に殺す犠牲者が、この曲をiPodで聴いているのだが、盛り上がりの"motorin!"の部分でエキサイトしている。そういえば『ブギーナイツ』のアルフレッド・モリーナふんするパンツにガウンのドラッグディーラーも同じ箇所でシビレてたなーと思い出し、必要以上にウケとしまった。

 ジャケはその”SISTER CHRISTIAN"を収録したナイト・レンジャー、1983年のアルバム『MIDNIGHT MADNESS』。