映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2009-03-10 全肯定

gakus2009-03-10

 ジム・キャリーがお得意の顔面芸に加え、ハートウォーミングな笑いを提供してくれる『イエスマン "YES"は人生のパスワード』(3月公開)のお話。

 離婚以来、人付き合いを避けるようになった銀行員(ジム・キャリー)が友人に誘われ、何を言われても”ノー”と言わず”イエス”と答えることを推奨している自己啓発セミナーへ。その教祖(テレンス・スタンプ)の指示により、すべてに”イエス”と答えることを義務付けられた彼は、次第に物事をポジティブに受け入れるようになり、そのおかげでアマチュア・バンドのボーカリスト(ズーイー・デシャネル)と恋仲となるのだが…。自己啓発セミナーは好きじゃないけれど、こんな女の子と仲良くなれるなら、イエスと言い続けるのもいいかもな……と、思えるぐらい、この映画でのズーイーはカワイイ(正直言うと、スクリーンで見た彼女をカワイイと思ったのは今回が初めて。シャマランも、この撮り方を見習うべきだったのでは)。

 で、彼女ふんするヒロインは”ミュウンヒハウゼン症候群”なるアバンギャルドなバンドのボーカルを務めている。ズーイーがミュージシャンとしても鳴らしているのはご存じのとおりだが、本作でもしっかり歌を披露しているんだけど、自然体で、それでいて歌心を失わないボーカルという点で稀有なものを感じる。キャリーが歌うビートルズの"CAN'T BUY ME LOVE"にしっかり合いの手を入れるところもロマンチックでイイ感じ。

 以下、選曲ネタ。オープニングからJOURNEY"SEPERATE WAYS"が勇ましく鳴り響いて笑っちゃうんだが、これがキャリーのケータイの呼び出し音で、その後もしばし鳴り響く。また、彼がズーイーとの交際前、彼女に誘われて早朝ジョギングに行くハメになるシーンではBLOC PARTY"HELICOPTER"が。だいぶ前向きな性格になったとはいえここで”まだ希望を持ってるのか?”と皮肉っぽく歌われるのは自己ツッコミのようなものか?

 ジャケはブロック・パーティ、UK盤シングル『HELICOPTER』、2004年リリース。