映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2009-03-20 休日のバカ映画

gakus2009-03-20

 全米では現在、ロック様ことドゥエイン・ジョンソン主演、アンディ・フィックマン監督のディズニー製SFファンタジー『RACE TO WITCH MOUNTAIN』がヒット中だが、この監督・主演コンビは前作『ゲーム・プラン』に続いて全米ナンバーワン・ヒット作を放ったことになる。本日は、日本ではDVDスルーになってしまった、この『ゲーム・プラン』のお話を。

 ロック様が扮するのはNBAの人気クォーターバックだが、優勝からは見放されているアメフト選手。傲慢でスタンドプレーに走ることもしばしの彼は、ある日、自分に8歳の娘がいたことを知らされる。この娘を引き取るハメになった彼はプレイボーイ生活を断念し、育児に悪戦苦闘。しかし、彼女のお陰で家族愛に目覚め、それは試合でのチームプレーの尊重に繋がっていく…。タイトルにバカ映画と記したけれど、そこはディズニー、ある程度節度があり、むしろハートウォーミング・コメディ。でも、ロック様が女性を口説く際にBGMとして利用するマーヴィン・ゲイの”LET'S GET IT ON"はベタ過ぎてバカっぽいぞ。

 ロック様を余計にバカっぽく見せるのは、彼ふんする主人公が大のプレスリー・ファンである点。部屋にパネルを置いているばかりか、ケータイの呼び出し音は”監獄ロック”だし、家の呼び鈴は”ラブ・ミー・テンダー”、そして愛娘とケンカした際に仲直りすべく歌うのが”今夜はひとりかい”だったりする。”キング”を自認するのも、その影響。

 映画の最初の方ではジェイミー・ヴォーン(故スティーヴ・レイ・ヴォーンの兄貴)率いるブルース・バンド、THE FABULOUS THUNDERBIRDSのヒット曲”TUFF ENOUGH"が流れてくる。この後、愛娘に振り回される主人公は、まさにどこまでタフかが試される。骨太なブルース・サウンドはロック様の陽性で頼れるキャラにも似合っているぞ。

 ちなみに『RACE TO WITCH MOUNTAIN』でロック様が扮するのは、これとは正反対の、生活に疲れたダークなタクシー運転手役。この新作については後日、改めて触れます。

 ジャケは1986年リリース、THE FABULOUS THUNDERBIRDSの代表作『TUFF ENOUGH』。