映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2009-06-22 チープ・スリル

gakus2009-06-22

 前回のエントリーに続き、8月公開のヨーロッパコープ作品を。日本でもソコソコの成功を収めているジェイソン・ステイサム主演、人気シリーズの最新作『トランスポーター3/アンリミテッド』。

 ステイサムふんするプロの運び屋フランク・マーティンが今回は罠に落ち、車から22.5メートル離れると爆発する腕輪を装着され、あるものの運送を強要される。助手席には謎の少女が、やはり同じ腕輪を装着されている。はたして彼を罠にハメた者(『ブリズン・ブレイク』のティーバックこと、ロバート・ネッパーが、やっぱり悪役に)の目的は?

 格闘の見せ場は前作からやや減少した感があるが、着ていた衣服を脱ぎながらそれを武器にしつつ、ステイサムの肉体美が披露される一石二鳥の見どころがあったり、またカー・アクションが強化されていたり、何かと派手。いつもどおりツッコミどころもあるものの、それを含めて愛おしい。

 何より驚いたのは、過去のシリーズでどんな女性の誘惑も退けてきたフランクが、助手席の少女(ヤク好きのお嬢様で口を開けば食い物の話ばかり)の誘惑に陥落してしまうこと。こんな安い女(このヒロイン、なぜか首の裏に”安”という文字のタトゥーを入れている)に惚れるなんて、何だかなあ。でもそこもツッコめるので良しとしましょう。

 さて、最初にフランクが誘惑されるシーンでかかるのがHOLLY GOLIGHTLY”WHEREEVER YOU ARE”。ダルでビッチな感じのガレージロック。安女の雰囲気に合っていて、妙に納得してしまう。この他、『クリムゾン・リバー2』に続き、STOOGESの"I WANNA BE YOUR DOG"が使用される。エレクトロ・チューンの好きなヨーロッパコープだが、このシリーズに関してはアナクロ・ヒーロー、フランクのキャラに合わせたかのような選曲。

 ジャケはHOLLY GOLIGHTLY、1995年リリース『GOOD THINGS』。ここに収録された”WHEREEVER YOU ARE”、前に何かの映画でも使われていた…と記した記憶があるが、思い出せない。それともう一点、リュック・ベッソンが選ぶヒロインって、たいていの場合、アメリカでは絶体に人気が出なさそうな貧乳・モデル体型の女性ばかりだが、今回もそう。スレンダーなガレージ・クイーン、ホリーもこの路線か。