映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2009-07-02 スゲーぞ、クワイ=ガン

gakus2009-07-02

 U2ヨーロッパツアーが始まったことをココで知ったが、それで思い出したのが『96時間』(8月公開)。ヨーロッパコープ製作で原題"TAKEN"、今年2月に全米で大ヒットを飛ばしたのは記憶に新しい。

 リーアム・ニーソンふんする主人公は政府の元特殊工作員。別れた妻が引き取ったハイティーンの愛娘を溺愛している。ところが、パリ旅行に出かけたこの娘が人身売買組織誘拐されるという事件が発生。リーアムはスパイとしてのあらゆるスキルを駆使して、犯人を追い詰める。このお父ちゃん、スパイとしては超一流だが、愛娘に翻弄されてしまう情けなさもある。娘はパリ旅行と言っていたが、実はU2ヨーロッパツアーの追っかけ旅行だったことが後に判明する。

 ともあれ、本作の面白い点は、愛娘の行方を追うリーアム・パパに、まったく迷いがないところ。娘を救うためなら何人でも殺すし、傷つける。『ゆきゆきて神軍』のような凄みと言っても大げさじゃあない。これが本当のモンスターペアレント

 U2の曲は聴けないが、パリに到着して早々、娘は友人と共にTHE HIVES"TICK TICK BOOM"をかけて踊りまくる。この曲を映画で聴くのは3度目ぐらいかな。前は確かリメイク版『13日の金曜日』だった。つまり、それだけ今どきの全米の若者に愛されてる、ということなのだろう。

 ジャケはU2、先々月リリースされたシングル『MAGNIFICENT』。ニュー・アルバム『NO LINE ON THE HORIZON』からの2曲目のシングルカット