映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2009-10-28 アー・ユー・オッキー!?

gakus2009-10-28

 本日より公開される『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』は、マイケルが世を去る直前まで行っていたツアーのリハーサル映像をまとめたドキュメンタリー。生前最後の姿が見られる……という点がファンには嬉しいところ。

 "WANNA BE STARTIN' SOMETHIN'"のリハーサル風景で幕を開け、おなじみの曲が次々と繰り出される。ジャクソン5の大ヒット3曲メドレーにジャクソンズ時代の"SHAKE YOUR BODY"、そしてソロ黄金時代のナンバーと、キャリアを総括する選曲。90年代以降の曲は正直よく知らないのだが、それでも”あ、聴いたことあるな”と思わせる。それにマイケルは肉体の一挙一動が絵になるというか、人間ばなれしていてビジュアル的にも面白いから、自分のような特別な思い入れのない人間にも十分楽しめた。

 面白かったのは、ジャクソン5メドレーのリハでマイケルがバックのメンバーに、ちょっとキツい言い方で指示を出すんだけど、その際に”怒ってるんじゃない、愛だよ、エル・オー・ヴイ・イーだ”と付け加えるところ。この人なりの気遣いなんだろうけれど、言葉の意味のスケールがデカすぎるぞ。さすがマイケル!

 セットや振り付けを見ていると、このツアーが実現していたら、こんなステージになっていただろうなあというイマジネーションをも刺激する。ダンサーのオーディション風景や、ミュージシャンとのやりとり、バックで流す映像の撮影などの風景もあり、ステージのスケールは相当デカかったのだろう。当然スタッフの数も多く、見ていて”ツアーも実現せず、この人たちのギャラはどこから出るんだろう”と余計な心配をしてしまったが、もしかしてそのためにこの映画が作られたのか!?

 ジャケは1983年リリース、"BEAT IT"の国内盤シングル。この曲のリハでは、プロモビデオの”ケンカ仲裁→一緒にダンス”が再現されていた。

D