映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2009-11-19 ある意味、痛快

gakus2009-11-19

 今週末公開のローランド・エメリッヒ監督によるディザスター大作『2012』。ここではマヤ暦で予告されているという世界の終りが描かれる。

 地球の核の溶解とそれが引き起こす地震・地割れ・大津波。それを予知していた先進国首脳はアメリカ主導で対策を練り、選ばれた者たちを現代の”ノアの方舟”で生存させる、途方もない計画を実行に移す。個人的に、面白いと感じたのはその点。生存者として選ばれる40万人は各国首脳、優秀な科学者の他に、このプロジェクトに出資した金持ちたちで、その額はひとり当たり10億ユーロ(1300〜1400億円ぐらい)というから、フツーの会社のCEOではとても生き残れない。日本人は全滅に近いだろうなあ。

 しかし、本作の主人公、ジョン・キューザックふんする売れない作家はこのプロジェクトの存在を知り、愛する前妻や子供たちを生き残らせようと、とんでもない行動力を発揮する。クライマックスでは選ばれた40万人に大迷惑をかけつつ、舟への乗船を試みるのだが、この状況下では間違いなく死ぬであろ自分のような貧乏人には、ある意味痛快に思えた。

 映画の前半、キューザックは子供たちを連れてキャンプに行くが、ドライブ中の社内でカーラジオに合わせて娘と一緒に歌っているのが、THE NITTY GRITTY DIRT BANDの”WILL THE CIRCLE BE UNBROKEN"。トラディッショナルな有名曲のカバーで、”生命の環は破壊されるのか? 神よ、空の上にはより良い世界が待っているのか?"と歌われる。予言的な感じの一方で、この”CIRCLE"がキューザック一家の壊れない家族の環と思えば、クライマックスでの主人公の本気ぶりも妙に納得してしまえる。

 ジャケはTHE NITTY GRITTY DIRT BAND、1972年リリースのアルバム『WILL THE CIRCLE BE UNBROKEN』。