映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2009-11-20 I GOTTA GO NOW!

gakus2009-11-20

 ドキュメンタリー界の鬼っ子マイケル・ムーアの新作『キャピタリズム マネーは踊る』(12月公開)は、タイトルどおり現代の資本主義の在り方を糾弾した快作。何が気持ちイイって、イギー・ポップの”LOUIE LOUIE”が鳴るオープニングに決まってるじゃないか!

 …というのはロック・ファンだけの見方かもしれないが、それを置いても力のこもったエンタメ映画。一般市民には意味不明な金融商品や住宅ローンの崩壊、リーマン・ショックの裏側で、ゴッソリ儲けてトンズラした少数の人間が存在する。そんな現実に怒りを表明し、ムーアならではのトボケたパフォーマンスでその回収に挑むと同時に、現実的な手段でそれに立ち向かう人々の闘争を描き出す。昨日の『2012』とはまったく違う視点ではあるが、ここにも市井の民のど根性があった。

 ”LOUIE LOUIE"に話を戻すが、この曲は1963年に大ヒットしたTHE KINGSMENのカバーで、イギーにとってはストゥージズ時代からレパートリー。オリジナルはポップなラブソングだが、イギーは歌詞を変えて歌っている。”共産主義は崩壊し、資本主義は心を引き裂く/金だけが存在意義を見出せるもの/だから俺はこの歌を歌うんだ”なんて、まさにこの映画のために書かれた歌詞のよう。本作ではデトロイトの惨状と、それに立ち向かうことを決意した立ち退き役人の姿も描かれるが、この都市はイギー&ザ・ストゥージズの拠点となっていた街でもある。

 ジャケは1993年リリース、"LOUIE LOUIE"のレコーディング・バージョンを収めたIGGY POPのアルバム『AMERICAN CAESAR』。

 おまけ イギーのLIVE版"LOUIE LOUIE"

D