映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2009-12-28 違い過ぎた一日

gakus2009-12-28

気が付けば全米の賞レースもたけなわですが、意外だったのはピーター・ジャクソンの新作『ラブリーボーン』(1月公開)が無視されていること。個人的にはシミる映画だったが…。

 1973年、14歳のスージは近所に住む変質者に殺害された。彼女は最愛の家族のことが心配で、天国の入り口でウロウロしている。一方の家族は彼女の死からなかなか立ち直れない。そうこうしているうちに、スージーの妹にも変質者の魔の手が迫り…。ピージャク作品としては『乙女の祈り』+『さまよう魂たち』といった雰囲気で、ドラマとファンタジー、サスペンスの絶妙の配合が光る。原作小説もガッツリきたが、その良きエッセンスを汲み取っている点は『ロード・オブ・ザ・リング』にも通じる。

 音楽は、やはり舞台となる70年代の曲。印象に残ったのは、スージーが殺される日の朝、一家の食卓で流れていたポール・マッカートニー"ANOTHER DAY"。”あの娘のいつもと変わらない一日が始まる”というフレーズは、あまりに皮肉。いつもとは恐ろしいほど変わり過ぎた一日だ。

 他ではデイヴ・エドモンズののどかなサウンドも70年代の雰囲気が出ていた。それと70年代の曲ではないけれど、コクトー・ツインズの神秘的なナンバーもあの世とこの世を行き来する物語にハマッている。

 ジャケは1971年のヒット曲、PAUL McCARTNEY、”ANOTHER DAY"の国内盤7インチ。