映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2010-02-03 一塊の肉塊なり

gakus2010-02-03

 ウォシャウスキー兄弟が『スピード・レーサー』のRain(ピ)を主演に据え、『V・フォー・ヴェンデッタ』のジェームズ・マクティーグに監督させたマーシャルアーツ・アクション『ニンジャ・アサシン』(3月公開)が、凄いことになっている!

 Rainふんする主人公は、日本伝統の暗殺者組織=ニンジャの非道さに嫌気が差して抜け忍となった凄腕の戦士。組織に捜査の手を伸ばしていた女性捜査官が命を狙われ、これを助けたことから、主人公は組織と因縁の対決に臨むことになる……なんてストーリーはあってなきがごとしで、とんでもないアクションの連続。何がとんでもないって、人体切断描写の連続で、血糊の量はそこらへんのスプラッター以上なのだ。ホラー専門プロダクションのダーク・キャッスルが製作に絡んでおり、冒頭でいきなり顔面がスライスされた瞬間、”おおっ、『ゴーストシップ』!”と思ったが、地獄絵図はその後も続き、『椿三十郎』(もちろん黒澤版の方)のクライマックスのような血液プシュー!のオンパレード。個人的には楽しめたが、Rain目当ての女性ファンがドン引きすること間違いなしだ。おそらくPG(下手すりゃ、R)の指定が付くと思う。

 主要舞台がベルリンなので、デビッド・ボウイのベルリン・レコーディング期の代表的ナンバー”HEROES”がコインランドリーのシーンで聞こえてきて、オッ!と思った。かなり小さな音なので気付かなかったが、これがドイツ語バージョンという手の込みよう。

 さらにエンドクレジットではヒューマン・リーグ"BEING BOILED"が聴こえてくる。ニューウェーブ期ならではの曲調からしてベルリン風で不気味だが、復讐や殺人、宗教を含んだ歌詞は、このウルトラ・バイオレンス映画にはフィットしています。マクティーグは『V・フォー・ヴェンデッタ』でのストーンズ"STREET FIGHTING MAN"を持ってきたエンディングも印象深かったが、今回もセンスを感じる。

 ジャケはHUMAN LEAGUE、"BEING BOILED"を収めた1980年のアルバム『TRAVELOGUE』。

D

 おまけ↓"HEROES"ドイツ語バージョン。Hさま、情報提供感謝です。

D