映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2010-02-08 アクティブな21世紀型ホームズ

gakus2010-02-08

 コナン・ドイルが生んだおなじみの名探偵の活躍を描く『シャーロック・ホームズ』(3月公開)は、ミステリーというよりむしろ冒険アクション。『ロックンローラ』で復活したガイ・リッチー監督がロバート・ダウニーJr.(ゴルーデングローブ賞主演男優賞受賞)を主演に迎え、ハリウッド・テイストの活劇に仕立て上げた。

 19世紀末のロンドンで若い女性を狙った儀式風の殺人事件が発生し、黒魔術を信奉する貴族が犯人として逮捕され、死刑に処される。ところが、この貴族が生前に予告したとおり、さらなる殺人事件が起こり、しかもこの貴族は復活していた!ホームズは相棒ワトソンとともに、この恐ろしい敵に立ち向かう。チェイスや高所での奮闘は一世紀前のジェームズ・ボンドと言うべきか。発明オタクで、拳闘の達人というホームズのキャラには原作への敬意が汲み取れて、こちらも好感が持てる。推理劇としては物足りないが、ダウニーとワトソン役のジュード・ロウのかけあいも絶妙で楽しめたし、エンタメ映画としては及第点が上げられると思う。

 一昔前のロンドンを再現している点も見どころで、曇り空と硬質の建築物が陰鬱な空気を醸し出し、スリルを引きたてる。時代が時代だけにロックは聞けないが、酒場のシーンではTHE DUBLINERSの"THE ROCKY ROAD TO DUBLIN"が流れていてニヤリ。アイリッシュのトラッド・フォークは、この時代にも違和感なく溶け込む。

 ジャケは、この曲を収めたダブリナーズのベスト盤『THE BEST OF DUBLINERS』、1967年リリース。この曲をバックにして拳闘の勝負に挑むダウニーの姿は、ほとんど『ファイト・クラブ』だ。

D