映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2010-02-12 選ばれぬ者

gakus2010-02-12

 バンパイア映画の代名詞といえば今や『トワイライト』シリーズだが、やっぱ男子はこっちでしょう…な『ダレン・シャン』(3月公開)のお話。日本ではコミック化で人気を呼んだ、米ベストセラー小説の映画化です。

 16歳の優等生ダレンの運命は、ある夜、悪友スティーヴとフリーク・ショー”シルク・ド・フリーク”を見に出かけたことで一変。蜘蛛オタクの血が騒ぎ、ショーに登場した珍しいクモを持ちかえるが、このクモに噛まれたスティーヴがこん睡状態に。解毒剤を求めて一座を訪ねたダレンは、一座の面々がハーフ・バンパイアと呼ばれる吸血鬼であると知らされ、その仲間になることを条件に解毒剤を得る。かくして一座の仲間入りを果たすも、その先にはさらに予期せぬ事件が…。

 特殊メイクが異様な渡辺謙ふんする座長、特殊メイクなしでも異様なウィレム・デフオー扮する”将軍”、サルマ・ハエックのヒゲ女などシルク・ド・フリークの面々のキャラは見ているだけで面白いし、ジョン・C・ライリーが主役格のバンパイアというのも何だか嬉しい。ドラマの視点として面白いと思ったのは、”選ばれし者”だけでなく、”選ばれざる者”も描いていること。前者の話はよくあるが、後者(ここではスティーブ。吸血鬼ファンの彼はダレンより先にシルクに志願するが、却下される)の屈折した感情がドラマのキーとなる。そういう意味では、男子的にリアルなジュブナイルだ。

 シルク・ド・フリークのショーが見ていて楽しかったのは、ジェームス・ブラウン"THERE WAS A TIME"がフィーチャーされていたせいもある。狼男が観客の腕を噛みちぎって蘇生させたり、ヘビ男とヘビたちのバンドがパォーマンスしたりのグロおかしいシーンをファンキーに演出。”うっ!”だの”はっ”だののアイの手が入って盛り上がり、見ていて自分も仲間に入りたくなるが、”アルコールとニコチンのせいで血がマズい”と言われて却下されそうだな…。

 ジャケはJAMES BROWN、同曲のライブ・バージョンを収めた1968年の名盤『LIVE AT THE APOLLO』。ちなみに劇中で使用されている"THERE WAS A TIME"はケニー・ドープという方によるリミックス・バージョン。

D