映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2010-03-31 女の子礼賛

gakus2010-03-31

 最近見た映画の中で、音楽ネタが豊富だなあと感じたのはドリュー・バリモアが初監督に挑んだ『ローラーガールズ・ダイアリー』(5月公開)。1970年代に日本でも人気を博した”ローラーゲーム”を題材にした青春映画の快作!

 テキサスの田舎町に住む17歳の女の子ブリス(エレン・ペイジ)は、”美人コンテストでの実績こそ幸福への近道”と思いこんでいる母に振り回される毎日に疲れている。そんなある日、出会ったのがローラーゲーム。肉体と肉体が激しくぶつかり合う、この女子競技に魅了された彼女は、そのチーム入りを志願して、瞬く間にスターとなるが…。親との葛藤、ライバルとの攻防、恋人とのままならぬ関係など、青春映画の基本を押さえた作りに新味はないが、生活感に確かなリアリティがあり、つい引き込まれてしまう。エレン・ペイジは『JUNO/ジュノ』の屈折少女もチャーミングだったが、今回の真っ直ぐ進もうとするキャラも魅力的。チームメイト役で出演を兼任するドリューや、『デス・プルーフ』のスタント・ウーマン、ゾーイ・ベル、ライバルを演じるジュリエット・ルイス等、脇キャラにも味がある。

 さて音楽談義。まずロック好きなら誰でもときめくのが、ヒロインが最初にローラーゲームを目にするシーンでフィーチャーされるRAMONES”SHEENA IS A PUNK ROCKER"。女の子の世界、それもとびきり攻撃的なものであることをここで高らかに宣言。ブリスがローラースケートの練習をするシーンで流れる38スペシャル"CAUGHT UP IN YOU"も久しぶりに聴いたが妙味。熱烈なラブソングで女の子礼賛的な歌詞である上に、サザンロック特有の気どりのなさがドラマのテイストにハマッた。時代的には古臭いが、テキサスならアリかなあと思わせるナイスなセレクト。さらにクライマックスの試合、前半部ではBREEDERS”CANNONBALL"が流れ、ローラースケートで突進するキャノンボール・ギャルを応援する。

 舞台が現代なので、現役のバンドによる提供曲も豊富。ブリスが草原でバンドマンの色男とイチャつき、ロマンスのムードを高めるシーンではTHE RAVEONETTES"DEAD SOUND"が聴こえてくるし、クライマックスではギャル応援歌、GO! TEAMの”DO IT RIGHT"が鳴り響く。他にも米インディからKINGS OF LEON、英ダンス。ミュージックからGOOSE等の先鋭的なサウンドを起用。音楽的なときめきどころは、人によって異なるでしょう。

 ジャケは、やはり自分が10代の時に聴いてときめいた38 SPECIAL。1982年のヒット曲"CAUGHT UP IN YOU"を収めた『SPECIAL FORCES』。

D

 このトレーラーで聴けるWEEZERは劇中ではなかったなあ…。

lysislysis 2010/04/01 07:35 初めまして。gakusさんの語り口が好きで、いつも楽しく読ませてもらっています。これ、すごくおもしろそうですね!流れてくる音楽も素敵だ。冒頭のコンテストでのエレン・ペイジの登場に思わず笑ってしまいました。魅力的な役者さんですよね。

gakusgakus 2010/04/01 23:12 コメント、ありがとうございます! 女子映画は苦手な方ですが、この映画は楽しめました。エレン・ペイジはそんなに美人じゃないし色っぽくもないけれど、不思議な魅力がありますね。ホント、いい女優さんです。これからも宜しくお願いします!