映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2010-05-17 CEOはパンクロッカー

gakus2010-05-17

 久々の更新。夏の大作『アイアンマン2』(6月公開)から、いってみよー!

 アイアンマンこと、戦うCEO、トニー・スターク(ロバートダウニーJr.)の会社は今や軍需企業から先端テクノロジー企業に鞍替え。スターク本人は相変わらずのセレブ気どりだが、政府にアイアンマンスーツの引き渡しを迫られ、苦境に立たされる。その上、彼を敵視するロシアの工学者ウィップスラッシュ(ミッキー・ローク、イカす!)が逆恨み的に復讐の機会をうかがっていた…。

 正直なところ前作のインパクトにはおよばないし、ドラマももっと情熱的になったはずなのに…という食い足りなさが残る。親友である軍人ローディ(前作のテレンス・ハワードから今回はドン・チードルに交代)との葛藤ドラマチックになったはずだし、謎の美女ブラック・ウィドー(スカーレット・ヨハンソン)も出し惜しみ気味。それでもアクション面では満足できるデキで、ラスト時代劇調の演出が面白い

 今回のトニー・スタークは前作にはなかった新たな面を披露する。それはクラッシュのファンであること。彼の工房では"SHOULD I STAY OR SHOULD I GO"や"THE MAGNIFICENT SEVEN"が鳴っている。クラッシュらしい初期のモロ、パンクナンバーではなく、後期の軽妙な曲である点がスタークらしいところではあるけれど、反骨心は前作以上にうかがい知れる。

 前作でも鳴っていたAC/DC、今回は"HIGHWAY TO HELL”がエンディングを盛り上げるぞ。

 ジャケはTHE CLASH"MAGNIFICENT SEVEN"のシングル、フランス盤。

D

taco.taco. 2010/05/21 10:51 サバスの「アイアンマン」をずっと使い続けると思ってましたが、今回はAC/DCと聞いてちょっと驚きました。
グウィネス・ケイト・パルトローの出番は多いですか?
あの秘書役は個人的にはかなりツボでした。

gakusgakus 2010/05/22 00:04 そういえば、今回はブラック・サバスのそれはかからなかったなあ。先日出たサントラ盤も必要以上にAC/DC押しだったのは、来日余韻への便乗かな? グウィネスは今回、スタークの後釜としてCEOに就任しますが、相変わらずクールで面白いですよ。