映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2010-05-18 ソウルに殉じる

gakus2010-05-18

 昨年翻訳が発刊されたエリック・ガルシアの小説「レポメン」を原作とする近未来SFドラマ『レポゼッション・メン』(7月公開)の話。

 政府機能がマヒして大企業が権力を掌握する未来。ユニオン社提供の人工臓器の普及により、人間は永遠の命を得ることに近づきつつある。しかしこの臓器は高額で、ローンが支払えなくなると強制的に回収が行なわれる。”レポゼッション・メン(レポ・メン)”とは、この取り立てのプロフェッショナルのこと。抵抗する債務者を発見し、抵抗をかわし、メスを振るって瞬時に回収。もちろん臓器を回収された債務者は大方の場合、命を落とすことになる。さて、ジュード・ロウふんする主人公は、かつてはユニオン社の敏腕レポ・マンだったが、今や人工心臓のローンの支払いが滞り、逆に追われる身。元同僚で今やエース級のレポ・メンである親友(フォレスト・ウィテカー)も、プロに徹して追ってくる。果たして主人公は生き残れるのか?

 物語は、なぜ主人公がこんな目に遭ったのか、そしてこの先どうなるのかを交錯させながら進行。スリリングであるのはもちろんのこと、主人公のナレーションが醸し出すハードボイルドな雰囲気や、風刺的なユーモアが効いていて、個人的には見応えがあった。好きな人なら徹底的にハマる、カルト的な魅力あり。

 本作にはヒップホップ・アーティスト兼俳優のRZAも出演しており、ジュードに臓器を回収されることになるヤク中のミュージシャンを演じているのだが、このキャラがなかなかイカす。レポ・メンに追われる債務者は大抵、抵抗するが、彼は落ち着いていて”この曲を完成させるまで待ってくれ”という。彼が作っている曲として、このシーンで流れるのがウィリアム・ベルのソウル・スタンダード”EVERYDAY WILL BE LIKE A HOLIDAY"。命を落とすこと、すなわち毎日が休日になる……そんんな運命を受け入れる姿に、ブルージーなスタックス・サウンドが重なる。かっちょえー!

 この曲以外にもニナ・シモンの”FEELING GOOD"をはじめブルース、レゲエのオールド・ファッション的選曲がなされており、いかにも未来的なエレクロトニック・チューン以上に強い印象をあたえる。本作に漂うハードボイルドな空気は、そんな選曲の効果もある。

 ジャケはWILLIAM BELL、現在も入手が容易なSTAXのベスト盤『THE VERY BEST OF WILLIAM BELL』。

D