映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2010-07-08 ラストまでリスペクト

gakus2010-07-08

 復活!というわけで今週末公開のSFスリラー『プレデターズ』。90年代半ばにボツになったロバート・ロドリゲスの脚本をベースに、彼のプロデュース、『モーテル』『アーマード/武装地帯』などの良質のB級映画で名を上げたニムロッド・アーントルの演出によって生み出された『プレデター』の続編。ここでは『プレデター2』や『AVP』シリーズは、とりあえずなかったことになっている。

 目が覚めたら、落下していた……見知らぬジャングルに落とされた人々、その顔触れは腕利きの傭兵(エイドリアン・ブロディ)やCIAの女スナイパー(アリシー・ブラガ)、麻薬カルテルの殺し屋(マチェーテ!)、日本のヤクザ、殺人とレイプの罪で服役していた死刑囚などなど、いずれ劣らぬ殺しのプロたちばかり。なぜか場違いなヘタレの医師(トファー・グレイス)も混じっていたりするが、何が起きたのかわからないまま、とりあえず彼らはまとまってジャングルの中を突き進む。やがて彼らは気付く。ここは異星で、自分たちは狩猟の獲物にされたことを。やがて最高の獲物を狩ることに喜びを感じる宇宙の狂暴なハンター、プレデターが彼らに襲いかかる……。

 プレデター映画としては初めて地球以外の場所を舞台にした画期的な設定で、普通のプレデターよりも狂暴なスーパー・プレデターが大暴れし、プレデター同士でバトルするファン狂喜の見せ場もアリ。一方で、戦闘の地球代表vs狩猟の宇宙代表という一作目の魅力をしっかり踏まえているのが嬉しい。もちろんバトルもハードゴア。スーパー・プレデターと日本人ヤクザのチャンバラ・シーンは、プレデター映画史に残る名シーンだ!

 こんな具合に、一作目の大ファンというロドリゲスとアーントルのプレデター愛が詰まった一作なのだが、エンドクレジットではさらにダメ押し。ここで流れるリトル・リチャードの”LONG TALL SALLY"は、1作目でシュワルツェネッガーら特殊部隊員たちが、任地へ向かうヘリ内で聴いていたナンバー。これは『プレデター』ファンとしてはニヤリとせざるをえないじゃないか!

 というワケで、ジャケはLITTLE RICHARD、ロックンロール草創期の名曲がたっぷり詰まったコンピ『THE GEORGIA PEACH』。

D

ton2ton2 2010/07/09 14:45 はじめまして、こんにちは〜。あ、名前は「とんとん」と読んでください。東京在住の映画好きの主婦です。よろしくお願いします。

実は『ザ・コーヴ』の感想を読みたくてブログ検索をしていてこちらに辿りついたのですが、映画の感想と使用された楽曲(しかもロック!)について書いておられるかたがいらっしゃると知って、すごく嬉しくなってコメントさせていただきました。(どの記事にコメントすればよいか分からなかったので、とりあえず最新記事に・・・)

何本分か拝読いたしました。映画そのものの感想も面白いし、音楽のお話も知らないことばかりですごく楽しいです。左カラムのタイトルリストも便利だわ〜。これからも楽しみに読ませていただきますね!失礼しましたー。

gakusgakus 2010/07/09 22:41 初めまして。コメント、ありがとうございます。趣味の偏った(しかも最近は更新を休みがちの)ブログではありますが、楽しんで頂ければ幸いです。これからも宜しくお願いします。