映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2010-07-19 週末のDVD その2

gakus2010-07-19

 『アドベンチャーランドへようこそ』は、DVDスルーにしてしまうにはもったいない青春ドラマ。ロマンスも笑いもあるし、リアリティも感じられる。クリスティン・スチュアートがヒロインだから、『トワイライト』シリーズが日本でももう少し当たっていれば、状況は変わっていたかもなあ…。

 時代設定は1980年代後半で、主人公は家の事情で大学院の進学資金を絶たれ、地元のさびれた遊園地アドベンチャーランドでバイトを始めた内気な大学生(ジェシー・アイゼンバーグ)。最初は嫌々働いていた彼が、バイト仲間と交流を重ねつつ、そのひとりであるクリスティンに恋をするが、彼女には、アマチュア・ミュージシャンで時々アドベンチャーランドでもバイトしている年上の恋人(ライアン・レイノルズ)がいて…というお話。レイノルズふんするミュージシャンは、”ルー・リードと共演したことがある”と言われていて、音楽好きの主人公は恋敵のような感情の一方で、アニキ的な尊敬の念を感じていたりもする。そこら辺の複雑な感情がリアルなところ。

 人物設定がそんなだから、音楽のネタにも事欠かず、クリスティンがルー・リードやハスカー・デューのTシャツを着ていたり、その彼女に向かって主人公が”クラい曲のテープを作った”とヴェルヴェット・アンダーグランドの曲をかけたり。となれば、やはりフィーチャーされるナンバーも80年代のカレッジチャート・フリークが追いかけそうな曲が多く、ジザメリの”TASTE OF CINDY"(アコースティック・バージョン!)がクリスティンとレイノルズのラブシーンで聴こえてくるわ、マリファナクッキーでラリッった主人公とクリスティンが楽しげにカートを乗り回すシーンで、キュアー”JUST LIKE HEAVEN"がドンピシャのタイミングで流れるわ。しかし、いちばん印象に残ったのはクライマックス、意を決してNYへ向かう主人公のバックで流れるリプレイスメンツ”UNSATISFIED”。このままで満足できるわけがない主人公の背中を押す格好のBGM。ちなみにエンドクレジットではインエクセス”DON'T CHANGE"が流れ、こちらも効果的。

 カレッジチャート・フリークの主人公らしく、遊園地で毎日のようにかかっているファルコの”ROCK ME AMADEUS"にイライラするのが微笑ましい。ジェシー・アイゼンバーグは、こういう神経質な童貞役が本当に巧い。

 ジャケはTHE REPLACEMENTS、”UNSATISFIED"を収めた1984年のアルバム『LET IT BE』。

muramura 2010/07/31 01:56 このジャケを見ると、ボブ・スティンソンがまだ生きてたんだなあ、と感慨深くなります。
しかしルー・リードがヒーローで、ミックステープにリプレイスメンツを入れてる童貞の主人公って、
まったく他人と思えませんでした。

gakusgakus 2010/07/31 02:14 メンバーの死って、やっぱバンドの存続を大きく左右しますね。特に彼らのような草の根的なバンドには。
muraさんはジェシー・アイゼンバーグ出演作は全網羅しないといけませんね(笑)。

muramura 2010/07/31 06:51 思い出したんですが「私はうつ依存症の女」のクリスティーナ・リッチも、同じような音楽の趣味でした。
80年代、数は少なかったでしょうが、そういうタイプの若い男女が確実にいたんでしょうね。
そりゃ一日中「ロック・ミー・アマデウス」は地獄だわ。

gakusgakus 2010/07/31 14:46 私がそうでした(笑)。学生の頃バイト先で一日中、杏里が流れていて気が狂いそうになったことを思い出します…。