映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2010-08-09 オタク・オヤジのための刑事ドラマ

gakus2010-08-09

 ケビン・スミス監督、日本での久々の劇場公開作『コップ・アウト 刑事(デカ)した奴ら』(9月公開)は、スミスが俳優として出演した『ダイ・ハード4.0』が縁となったのか、ブルース・ウィリスの最新主演作でもある。

 ウィリスふんするニューヨーク市警の刑事は、妻の浮気が心配でしょうがない相棒(トレイシー・モーガン)とヌルい毎日を過ごしている。ウィリスもまた家庭で問題を抱えており、別れた妻との間に生まれた娘の挙式を控えているが、式の費用を出してやれる余裕がない。仕方なく、激レアのベースボール・カードを売ろうとするが、これを強盗に奪われた上に、カードは野球オタクであるメキシカン・ギャングの手に渡ってしまう。ウィリスは相棒と共に、カードを取り返すために命懸けの作戦に出るが…。

 スミス作品のファンならば察しがつくと思うが、これはブルース・ウィリスのいつものような刑事アクションではなく、オフビート寄りのコメディ。最初の尋問シーンからしてそれは明らかで、映画オタクであるモーガンが映画のキャラ・マネで容疑者を問い詰めながら、ウィリスがその真似にイチイチ、ツッコむシーンだけで、もう笑える(『ダイ・ハード』のあのお約束のセリフに、ウィリスがシラッと”それは聞いたことがない”と言ったり)。オタク心に響く、いつものスミス作品として見た方が、より楽しめるはず。そもそも撮影時には『チ●コのカップル』という題で呼ばれていた作品だし…。

 で、音楽もいつもながらの80'sセレクトで、冒頭のブルックリンの風景にビースティ・ボーイズ”NO SLEEP TIL BROOKLYN"が重なるところからしてニヤリ。ポイズン"EVERY ROSES HAS STONES"を大げさに響かせてシンミリしたシーンにも、ちょっとしたユーモアをあたえるあたりが旨み。個人的には結婚式のシーンで流れているザ・システム”DON'T DSTURB THE GROOVE"に懐かしさを覚えた。若い娘の結婚式で流すには、懐メロ過ぎる気もするけど…。ともかく今回は80年代後半の曲が多かったような気がするが、この時期はスミス本人がもっともPOPに入れ込んでいた時期なのかもしれない。

 ジャケはTHE SYSTEM、”DON'T DSITURB THIS GROOVE"が収められた同タイトルのアルバム、1987年リリース。以下は余談。この曲、最初はそんなに好きではなかったけれど、当時佐野元春がパーソナリティを務めていたNHK-FMの「サウンドストリート」で耳にして印象がガラッと変わった。というのも佐野元春の”今ノッてるから邪魔しないでくれ”と、曲の意味を簡潔かつリズミカルに紹介した、あの独特の調子が頭にこびりついたから。曲までもが無意味にカッコよく思えてしまったのでした。振り返ると、ラジオDJという仕事はつくづく特殊技能だと思う。

D

コップ・アウト Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)

コップ・アウト Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)