映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2010-08-11 時間に抗う

gakus2010-08-11

 本日も刑事モノ。ただし、こちらはグッとシリアスな『ブルックリンズ・ファイネスト(原題)』(10月公開)。『トレーニング・デイ』のアントワン・フークア監督による社会派寄りの硬派ドラマです。

 主要登場人物は3人で、ひとりは家族のために新しい家を買ってやりたいが、薄給でどうにもならない麻薬捜査官(イーサン・ホーク)。敬虔な彼は善悪の狭間で苦悩しつつ、捜査時に押収するであろう大金の着服を画策する。二人目は麻薬組織に潜入している刑事(ドン・チードル)。この任務が成功すれば出世するという約束も実現せず、ドップリと犯罪に浸かるハメになった彼は組織の大物(ウェズリー・スナイプス)との固い友情を築く。そして3人目は退職間近の警官(リチャード・ギア)。余計なことに首を突っ込まず事なかれで仕事をしてきた彼は、残る7日間も平穏に過ごしたいと思っている。この3者の人生が交錯し、物語はスリルを増して意外な結末へと向かう。

 ギアふんする警官が心を許す相手は、旧知の娼婦だけ。彼女はギアに退職祝いに腕時計をプレゼントするが、その裏側にカルチャー・クラブ“TIME(CLOCK OF THE HEART)”のサビの部分の詞を刻む。すなわち“時間は待たない”ということ。これは映画のテーマのひとつになっていて興味深い。主人公格の3人誰もが、いろんな意味で時間と格闘している点を踏まえると、なおさらだ。

 ギャングの側にも、大筋にはからまない、なんてことのない逸話ではあるが、ひとつ印象的なエピソードが。麻薬の売人たちが部屋にこもってビデオゲームをやっているのを見て、その元締めらしき男が“ビデオゲームのおかげで、街からストリート・ギャングが消えた、お前らはもうストリートにいない”と嘆くシーン。街はこうやって寂れてゆくものなのか、と、ゲームやらネットやらの引きこもり系エンタメの存在について、つい考えてしまった。ゲームをやっている最中にも、時間は当たり前のように経過してゆくものだ。

 最後にちょこっと起用楽曲の話。ギアが娼婦とセックスするシーンではジェファーソン・エアプレインの“WHITE RABBIT”、イーサン・ホークが仲間とポーカーをしているシーンではディープ・パープル”HUSH”が聴こえてくる、そんな60年代セレクト。ギャングの部屋で鳴ってるラップについては、まったく知識がないのでわからず。

 ジャケはCULTURE CLUB『TIME』の12インチ・シングル盤、1982年リリース。この頃が、ボーイ・ジョージの美しさのピークだったのでは?

D

追記 邦題『クロッシング』

クロッシング [DVD]

クロッシング [DVD]

クロッシング [Blu-ray]

クロッシング [Blu-ray]

muramura 2010/08/14 04:38 あと、リチャード・ギアが娼婦の耳元で「sea of love」をささやくように歌ってたのが印象的でした。フィル・フィリップスがオリジナルだそうですが、ハニードリッパーズのカバーの方が覚えてます。ハニードリッパーズ、しかし凄いメンツだったなあ。あと映画『シー・オブ・ラブ』のトム・ウェイツカバーも強烈でした。

gakusgakus 2010/08/15 23:39 我々の世代は SEA OF LOVEというとハニードリッパーズの方で覚えていますよね。トム・ウェイツのバージョンは泥だらけの海を行くような凄みがあって、生活に疲れている感じのアル・パチーノとはすっぱなエレン・バーキンの姿にハマッてましたな。あの映画、実は好きなんですよ。