映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2011-02-07 家へ帰ろう

gakus2011-02-07

 ココで触れておかなきゃと思いつつ、ボヤボヤしているうちに先週末、日本でも公開が始まっていた『ウォール・ストリート』。鬼才オリバー・ストーンによる『ウォール街』、23年ぶりの続編です。

 今回の主人公は、投資銀行に勤務する若きエリート(シャイア・ラブーフ)。ある日突然、勤務先が破綻し、恩師である頭取が自殺し、そのうえ彼自身も財産を失ってしまう。破綻がライバル行の頭取(ジョシュ・ブローリン)の策略によるものであったことを知ったシャイアは、かつてウォール街で名を馳せた投資家で服役を終えたばかりの、前作のカリスマ、ゲッコーに協力を求める。今や投資から手を引いたゲッコーの条件はひとつ。それは、シャイアの婚約者である、不仲だった愛娘(キャリー・マリガン)との関係修復を手伝うということだったが…。

 前作の背景はバブル期だったが、今回はリーマン・ショック以後の大不況。誰もがフツーに潤っていた時代に野心家がひしめいていたのが前作なら、これは誰もが苦しんでいる時代に金を吸い上げる、ごく少数の策士が”悪”となる。当然ゴードンが太刀打ちできる相手でもなくて、金融システムの隙間を突くような奇策は出てこない。そういう点では、前作のサスペンスのノリを期待すると肩透かし。

 しかし、それでも憎めないのは家族のドラマになっているから。ハリウッドお得意の”ファミリーこそすべて”というテーマではあるが、結局のところ、”誰のために稼ぎ、誰のために儲けているのか?”というシンプルな事実から軸がブレないのがいい。昼間にしっかり稼いだら、夜は愛する者が待つ家に帰る。そんな当たり前のことが、なぜかできなくなっしまうものなんだよね。

 前作のエンドクレジットで使われたTALKING HEADS”THERE MUST BE A PLACE"が今回もラストで流れてきてニヤリとさせるが、それ以上に重要なのが元トーキング・ヘッズ、現在はソロで活躍中のDAVID BYRNEのナンバー”HOME”。シニカルではあるが温かみをもって”家”の大切さを歌う名曲。冒頭、シャイアとキャリーが自宅で過ごすシーンで流れたと思ったら、ラスト近くで再び流れ、スコアの中にもこれをアレンジしたフレーズが聞こえてくるほどだから、このナンバーが本作で持つ意味は、とてつもなく大きいに違いない。

 ジャケはデビッド・バーン、”HOME”から始まる2009年リリース、ブライアン・イーノとのコラボ・アルバム『EVERYTHING THAT HAPPENS WILL HAPPEN TODAY』。ちなみにこの映画では、本アルバムから”HOME”以外にも4、5曲がフィーチャーされている。

D