映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2011-05-18 どこまでも一直線

gakus2011-05-18

 アイアンマンと共にマーベルコミック・ユニバースを構成する、全米大ヒット中の『マイティ・ソー』(7月公開)。意表を突く面白さで、妙に気持ち良くなれる快作!

 主人公ソーは北欧神話に登場する神の国の王子で、ムジョルニアと呼ばれる無敵のハンマーを操り、邪悪な存在と戦い続けていた。しかし好戦的な性格が災いし、怒った父王(アンソニー・ホプキンス)によってムジョルニアを取り上げられた上に、特殊な戦闘能力をはく奪されて現代の地球に放り込まれる。そこで彼は、ナタリー・ポートマンふんする女性科学者と出会い、人間のデリケートな感情を知ることになるが、その頃、神の国は陰謀の的となり…。

 日本では浅野忠信の出演が話題になっているが、見れば納得のキャスティング。彼がふんするのはソーの部下にして頼れる戦友のひとりで、露骨に笑わせることはないにしても、どこかトボケたユーモアがある。これは松ケン妻夫木には出せない味だわなあ。

 それはともかく、意外だったのはソーのキャラクター。スパイダーマンアイアンマンは、どちらかというと理工系オタクで悩みながら成長していったが、ソーは対照的に神の国を追われても、武器を奪われても、基本的には俺様全開。ほとんどクヨクヨすることがないまま精神的に成長を遂げる。そんな体育会系の潔さがマッチョな容姿と相まって、意味もなく爽快な気分にさせられる。このストレートな気持ち良さは今の日本人に、ある意味、必要なものなのではないか。

 エンドクレジットでフィーチャーされるのはFOO FIGHTERS”WALK”。”俺は歩くことを、また学び直している”というサビの部分の歌詞に、またグッとくる。聞けば、この歌は監督ケネス・ブラナーのたっての希望により採用されたとか。いずれにしても、エンディングテーマまでボジティブで、筋が通っている。

 ジャケは、これまた世界的に大ヒット中、フー・ファイターズ、このナンバーを収めた最新アルバム『WASTING LIGHT』。

D