映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2011-06-20 狂走

gakus2011-06-20

 いよいよ今週末に日本公開されるJ.J.エイブラムス監督、スティーブン・スピルバーグ製作の『スーパーエイト』。公開前からジャンルレスな作品であることをアピールしていたエイブラムスだが、なるほどといった感じ。

 1979年、オハイオ州の田舎町で8ミリカメラを手にゾンビ映画を撮影しようとしていた14歳のジョーら少年たちが、偶然にも貨物列車の脱線事故をフィルムに収めてしまう。その列車は、軍が隠し続けていた”何か”を輸送していたが、この事故により、それは解き放たれてしまう。この非常事態を受けて、軍は田舎町を封鎖。ジョーは”何か”に連れ去られた憧れの女の子を探すため、軍の目をぬって混乱の街を駆けまわり…。

 エイブラムス作品に付きもののハッタリ宣伝(?)によって期待される『クローバーフィールド』風の恐怖描写もあれば、列車脱線などのやたらと気合の入ったスペクタクルもあり。『E.T.』的なファンタジーの要素にはスピルバーグへのオマージュが垣間見えるし、青春・初恋ドラマとしても面白い。全体的な印象としては、かわいらしいSFジュブナイルと言うべきか。

 少年たちがおなじみの当時のヒット曲、THE KNACK”MY SHARONA"歌っていることからも明らかだが、選曲は時代背景に則っている。葬儀のオープニング・シーエンスの直後にかかるのELO"DON'T BRING ME DOWN"はエンドクレジットでもフィーチャーされ、いわばメインタイトル的な扱い。ガソリンスタンドの兄ちゃんが当時発売されたばかりのウォークマン(大きさも弁当箱大で、懐かしいぞ)で聴いているのはBLONDIE"HEART OF GLASS"。ソウル物ではCHIC、COMMODORESも聴こえてくる。

 ジャケはTHE CARS、1978年のデビュー・アルバム『THE CARS』(邦題『錯乱のドライヴ』)。夜中に少年たちがヒロインの車でロケ地へ向かうシーンがあるが、この時、車内でかかっているのが本作に収録されている”BYE BYE LOVE”。この直後、彼らは貨物列車に突進するトラックの”錯乱のドライヴ”を目の当たりにすることに…。

D