映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2011-07-08 動き過ぎるカメラに囚われて

gakus2011-07-08

 というわけで『トランスフォーマー ダークサイドムーン』。マイケル・ベイ監督製作総指揮スティーブン・スピルバーグコンビが放つ人気シリーズの(一応の)完結編。

 1950〜70年代の米ソの宇宙計画の影には、ハイテク変型生命トランスフォーマー秘密が隠されていた!という大胆な設定が冒頭で提示され、いきなり口アングリ。これをズバッと出されると、もうこの後の展開は何でもアリで、シャイア・ラブーフふんするボンクラ主人公がミーガン・フォックスにフラれた直後に、またもモデル体型の女の子名前忘れたけど、ジェイソン・ステイサム彼女でビトクリアズ・シークレットのモデルだった人)と付き合っているという映画以外にありえない設定も、人間の中に悪のトランスフォーマー(=ディセプティコン)に通じているヤツがいたという展開も、”何でも許すよ!”という気になってくる。今回はシリーズ初の3Dだが、ただでさえカメラブンブン振り回すマイケル・ベイから、前の席で見ると3D酔いすること必至!

 このシリーズは今のロックが毎回ガンガンかかっていて、自分が反応できる曲は限られている。今回はエアロスミスの"SWEET EMOTION"だけが知っている曲でした…。ただし、冒頭タイトルが出た直後、マイケル・ベイ作品らしくヒロインの尻がドーンとアップになってサムのいるベッドへと向かう、エロいのかロマンチックなのかよくわからないシーンで、どこかで聴いたことのある曲が聴こえて来た。エンドクレジットに目を凝らすと、U2”NORTH STAR"という曲名が!こんなタイトルの曲、知らねえよと思い、オフィシャルサイトを見てみたら新曲じゃん!まあ、ラブラブのシーンでかかるのだから甘ったるい曲には違いなく、好みではないが、それでもBONOのボーカルには条件反射的に反応してしまう。

 この曲がサントラに入ってるのかどうかは知らんけど、オタク的U2ファンとしては音源ゲットしないといけないでしょう(笑)。しかし、最近はCDで出るとも限らんし、面倒クセえなあ…。

 画像はU2昨年リリースのDVD『360°At The Rose Bowl 』。そういえば、これもゲロ吐きそうになる箇所があった。もっとサンハン器官を鍛えないとイカンなあ…。

D