映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2011-10-07 タイムレス・ロンドン

gakus2011-10-07

 本日もカサビアン絡みの新作の話。12月に公開される『ロンドン・ブルバード』はコリン・ファレル、キーラ・ナイトレー共演のイギリス製クライム・ストーリーで、カサビアンのギタリストでソングライター、サージ・ピッツォーノがスコアを担当している。

 3年の刑期を終えて出所したミッチェル(ファレル)は、悪友の借金取りの仕事を手伝いつつ、突然引退した人気女優シャーロット(ナイトレー)のボディガードの仕事を引き受ける。一方で、友人のホームレスを撲殺した団地のガキ共を探し回ったり、身持ちの悪い妹に手を焼いたり。そんなある日、悪友の雇い主であるマフィアの顔役ギャント(レイ・ウィンストン)に気に入られたミッチェルは、手下になるよう圧力をかけられるが、これを頑として拒絶。しかし、ギャントはミッチェルの生活のあらゆる部分に根を張っていた。シャーロットとの関係に慰めを見出しつつも、身動きできなくなってゆくミッチェルは、ギャントとの関係に決着を付けねばならなくなる。

 サージのスコアは基本的にバンド・サウンド、プラス、ストリングスで、KASABIANカサビアンのバックトラックのような感じ。カサビアンの楽曲も使用されていて、"CLUB FOOT"がパブで流れてくる。また、クライマックスでは"THE GREEN FAIRY"なる新曲が延々と使用されていて、ビートルズの"A DAY IN THE LIFE"のようなサウンドがドラマチックなムードを盛り立てる。

 しかし音楽上の主役はカサビアンではなく、むしろヤードバーズ。"HEART FULL OF SOUL"が冒頭と劇中、エンディングと3度も使用されるが、なんでも監督のウィリアム・モナハンは映画を撮ろうと決めた10代の頃から、この曲をオープニングに使おうと思っていたんだとか。また、主人公の妹が愛人とSM的な性行為に及ぼうとする際に部屋で流れているのが、やはりヤードバーズの"TRAIN KEPT A ROLLIN'"。この他、主人公の出所パーティではTHE ROLLING STONES"STRAY CAT BLUES"、彼がヒロインの家を最初に訪ねてゆくシーンではPRETTY THINGS"COME SEE ME"(プリティ・シングスの覆面バンド、ELCTRIC BANANAの曲もかかる)、キーラの部屋ではレコード・プレーヤーからBOB DYLAN"SUBTERRANEN HOMESICK BLUES"が聴こえてくる。

 これだけ昔のブルースロックが鳴っていると、舞台が60年代末のロンドンと思えてくるが、これはれっきとした現代劇。ただし、PCやスマフォなんかは出てこないし、ケータイが一瞬使われるだけ。作り手の側もタイムレスな雰囲気を狙っていたのだろう。

 ジャケは、THE YARDBIRDS『HAVING A RAVE UP』、19665年リリースのコンピレーション。前ものっけたな、コレはたぶん。

D

↓こっちはKASABIAN"THE GREEN FAIRY"。

D