映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2011-10-24 自然体で行こう

gakus2011-10-24

全米公開から一年ほど間が空き、ようやく日本にもお目見えする『ラブ&ドラッグ』(11月公開)は、全米でベストセラーとなった原作に基づくロマンチックコメディー。1990年代にバイアグラを広めて、全米一の製薬セールスマンとなったジェイミー・ベルベストセラー手記を原作にしている。とはいえ、映画ラブストーリーの部分は原作にはない架空の要素。

 プレイボーイの素養を活かして製薬会社のセールスマンとなったものの、実績が上がらない青年(ジェイク・ギレンホール)。そんなある日、彼は営業先の病院でパーキンソン病を患う若い女性(アン・ハザウェイ)と出会う。難病ゆえに未来に怯える彼女に、青年はこれまで知り合った女性にはない魅力を感じ、体だけの付き合いはやがて本気の関係に。そうこうしているうちにバイアグラを扱うようになったジェイミーは、メキメキと業績を上げるが、一方で彼女の病状は悪化し…。

 話だけ聞くとありがちなお涙頂戴モノと思われるかもしれないが、そこは『ラストサムライ』の職人エドワード・ズウィック感傷に溺れず、リアリティと軽やかさをもって物語を語る。全米公開時にはギレンホールとハザウェイの全裸ラブシーンのオンパレードが話題となったが、それにしても嫌味がなく、ラブストーリーの部分に説得力をあたえてる。アンの全裸姿が健康的過ぎて病人に見えないのが問題といえば問題か。

 時代背景を反映して音楽90年代ロックが中心。ジェイクが上司恋人である同僚に手を出し、最初の勤務先である電気屋をクビになるシーンの直前にSPIN DOCTORS"TWO PRINES"(この同僚の気持ちか!?)、直後にBREEDERS"CANNONBALL"が流れ、ヒロインの部屋ではLIZ PHAIR”SUPERNOVA”が聴こえてくる。ジェイクが車で聴くのはFATBOY SLIM”PRAISE YOU”で、クライマックスでは馬鹿男を笑うかのようにBECK"JACK-ASS”、といった具合。

 そんな中で、60年代のナンバーも溶け込んでいるから面白い。カフェではBOB DYLAN"STANDING IN THE DOORWAY"が流れているし、ジェイクとアンのやりまくり初期のコラージュでフィーチャーされるのはKINKS"A WELL RESPECTED MAN"だ。こうやって並べると、アコースティック60年代ナンバーも90年代オルタナの音も素朴な音色を大切にしているためか、違和感なく響く。逆に80年代エコーがギンギンのサウンドは、ここではほとんどギャグで、ジェイクがバイアグラを売り始めるシーンで流れるBELINDA CARLISLE"HEAVEN IS A PLACE ON EARTH"は昇天セールスにはまり過ぎて笑えてくる。

 ジャケは1997年リリースベックシングル『JACK-ASS』、UK盤。

D

muramura 2011/10/26 01:03 映画とは関係ありませんが、このシングルに入ってる"JACK-ASS"のスペイン語バージョン"Burro"が、もしかするとBECKの曲の中で一番好きです。

gakusgakus 2011/10/26 18:18 実は自分これアナログ12インチしか持っておらず、そのスペイン語バージョン、聴いたことがないのです…。そういえば、この頃からアメリカのオルタナ系アーティストはスペイン語バージョンを頻繁に作るようになったような気が。

muramura 2011/10/27 00:32 コレです→http://www.youtube.com/watch?v=x4ExuDktFjk スペイン語で歌ってるってだけじゃなく、演奏も完全にマリアッチ風味になっていて面白いですよ。

gakusgakus 2011/10/27 08:46 イントロから違いますね。そうと知らずに聴いたらBECKとはわからんですな。