映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2011-11-16 精神世界に生きる

gakus2011-11-16

 ジョージ・ハリスンの生涯を『シャイン・ア・ライト』のマーティン・スコセッシが撮るのだから、こりゃあ期待も高まる『ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』が来月のDVDリリースに先駆け、今週末より劇場公開される。

 1部、2部構成の大作と聴き、同じスコセッシの『ボブ・ディラン/ノー・ディレクション・ホーム』のような、ある時期のピンポイント的なストーリーを想像していたが、意外にこれがオーソドックスな伝記というべき内容。第一部はビートルズの一員として富と名声を手に入れるまでが追われており、これだけ見ると”今まで散々見てきたビートルズ・ストーリーの焼き直しかあ…”と思えなくもない。同時に、ここまで(ゲット・バック・セッションの前までなので68年ごろ)が半分ということは、この後30年以上が駆け足になるのか…という不安がよぎる。

 第2部は実際、駆け足と言えば駆け足なのだが、年代記的な構成だった第1部とは構成が異なってくる。ビートルズ解散あたりまではほぼ順を追っているが、ここからがエピソード切りとなり、友人のために開催したバングラデシュ・チャリティ・コンサート、『ライフ・オブ・ブライアン』への出資に始まる映画製作熱、F1レースへの入れ込み、ボブ・ディラントム・ペティらとのユニット、トラヴェリング・ウィルベリーズの結成と、逸話が連なり、強盗犯の侵入を経て、闘病〜死へと至る。ソロ期にしてもほぼ年代順ではあるのだが、このエピソードの羅列が、タイトルに関わってくる。劇中ジョージは”物質世界の本質は変化”と語り、盟友エリック・クラプトンも”ジョージは物質社会の否定と、信仰を求めていた”と述べる。そこから見えてくるのは、自分の心にしたがい、物質ではない”求めるべきもの”を手にしようとした男のストーリーだ。第1部でジョージがインドに行き、精神世界の追及にはまったことについて言及されるが、ここにきてそれが生きてくる。

 ジョージが求めたのは人と人とのつながりであったり、心の平安であったり、エキサイトできるものであったりと、さまざまだが、富と名声はそれらを手に入れるために活かされた、という見方ができる。それを踏まえて、ジョージと最後に会ったときを振り返るリンゴ・スターのインタビュー映像を見ると、涙目になっているリンゴと同様に、こちらも泣けてくる。

 当然、ここではジョージが遺した曲がふんだんに使われているのだが、ひとつ気になったのはそこにダークホース・レーベル期のナンバーが一曲もないこと。F1なら“FASTER”、映画なら“DREAM AWAY”、ジョン・レノンの訃報以後なら“ALL THOSE YEARS AGO”など、使い勝手のある曲がたくさんあるのに。もちろん、ダーク・ホース時代の最大のヒット曲“SET ON YOU”も聴けない。遺作『BRAINWASHED』から何曲か使われているので、選曲的には後期代表曲がスポッと抜け落ちている。はこれは契約上の問題からくるものなのか。第2部で年代記にできなかったのは、この辺の事情もあるかもしれない。

 ジャケはダークホース期のナンバーを集めたGEORGE HARRISONのベスト盤『THE BEST OF DARK HORSE』。オリジナルアルバム未収録の『リーサル・ウエポン2 炎の友情』の主題歌“CHEER DOWN”も収められています。

D