映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2011-12-05 リーズナブルになりました!?

gakus2011-12-05

 ビートルズの楽曲の映画における使用料は、ひょっとしたら数年前に比べて、とーっても下落してないか?…などと考えたのは、今月公開されるガス・ヴァン・サントの新作『永遠の僕たち』のせい。この映画の冒頭では、THE BEATLES"TWO OF US"が聴こえてくる。

 当ブログでも何度か記したけれど、ビートルズのナンバーの映画での使用料はとてつもなく高いのは映画界の常識だった。全編をビートルズ・ソングで固めたかった2001年の『アイ・アム・サム』では、使いたい曲をすべてフィーチャーすると権利料だけで製作費をオーバーしてしまうのでカバー・バージョンで妥協せざるをえなかったのは有名な話。実際、90年代から十数年にわたりビートルズの楽曲を劇映画で聴いた覚えがない。

 そんな状況だったから08年の『オー!マイ・ゴースト』でビートルズの"I'M LOOKING THROUGH YOU』が流れてきたときにはビックリした(2009年7月18日のエントリーを参照)。この時はコネで使えたのかな…と思った。『ベンジャミン・バトン』や『ソーシャル・ネットワーク』でビートルズが聴けた時は、大手スタジオの製作によるデビッド・フィンチャー作品だから使えるのかな、と想像。しかし『ノルウェーの森』がきて、この映画となると予算が限られている作品だけに、どうしても使用料の低下が頭をよぎる。

 もちろん、ビートルズの楽曲はあまりに有名だから、使い方によっては映画が曲に負けてしまう可能性もあるので作り手は慎重にならなければいけない。その点、『永遠の僕たち』は合格点を上げられると思う。両親と死別して以来、死に憑かれて学校わドロップアウトした少年(ヘンリー・ホッパー…故デニス・ホッパーの息子)が末期ガンの少女(ミア・ワシコウスカ)と出会い、ふたりだけの世界を築いていく、というストーリーを、この曲は甘く切なく象徴している。

 ちなみにガス・ヴァン・サントは'89年のデビュー作『マラ・ノーチェ』でもビートルズの”SERGEANT PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND"を使用していた。おそらく、この直後くらいから、映画製作者たちにとってビートルズの楽曲が手の届かないものになっていたのではないかと思われる。

 ジャケは2003年リリースの『LET IT BE...NAKED』。忘れもしない、初めて購入したCCCDで、我が家のCDプレーヤーをクラッシュさせてくれました…。

D