映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2011-12-26 今日は何の日?

gakus2011-12-26

 CDジャーナルのサイトには音楽・映画関連の”今日は何の日?”が掲載されていたけれど、そこにも載っていなかったのが『エクソシスト』全米公開。1973年12月26日、全米わずか50館で公開されたこの映画が、あっという間に社会現象と化したのは周知のとおり。製作25周年時に製作されたドキュメンタリーでエレン・バースティンが語っていたが、この日のNYは朝から雪が降っていたにもかかわらず、上映4時間前にして映画館の前には長蛇の列が出来ていたという。

 このブログらしいネタをひとつ披露すると、やはり同ドキュメンタリーからの話だが、本作の音楽はラロ・シフリン(オリジナル版『ミッション:インポッシブル』や『ダーティハリー』の御方)が当初手掛ける予定で、実際にオーケストラを使って録音もされたのだが、それを耳にしたウィリアム・フリードキン監督(当時はムチャクチャ短気だったらしい)は”使えねえ!”と怒り、”こんな音楽、この場所がお似合いだ!”と駐車場にマスターテープを投げ捨てたという。代わって起用されたのが、ご存じのとおり、マイク・オールドフィールドの"TUBULAR BELLS"だった。

D

 侮辱されたラロ・シフリンは、この直前、かの有名な『燃えよドラゴン』のサントラで大ヒットを放つのだが、もしこれが『エクソシスト』の直後に作られていたら、ブ

ルース・リーの怪鳥音入りのスコアは、より激情的なものになったのではないか…などと想像してみるのもオタ的な楽しみがあります。

D

 今日は本当に備忘録的な内容でした。ジャケは1973年リリース、MIKE OLDFIELD『TUBULAR BELLS』。