ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

雪街音楽メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2015-10-20

galanthus2015-10-20

宝塚歌劇団宙組公演『相続人の肖像』。首の差の、恋の勝負。華やかでダークで皮肉な洒落がきいている。

ずんバウ*1フィナーレでまず、恋に負けた男に「ポル・ウナ・カベーサ」を踊らせるのなんてもう最高です。

—愛の始まりに心震わせる若く幸福な二人で芝居が終わった後、いったん幕がおりる。次に幕が開いたらフィナーレで、さっき芝居で恋の勝負に負けて退場した男がおもむろに、負け男の歌Por una cabeza(ポル・ウナ・カベーサ)で男役を引き連れてタンゴを格好良く踊る。趣向面白すぎ。

宙組公演 『相続人の肖像』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

10月18日、500人強の小さなホールで若手中心に少人数で演ずる宝塚バウホール公演を観劇。桜木みなと(95期生、2009年入団)主演の『相続人の肖像』。

亡き父の不実の愛と、遺産相続を巡る騒動を背景に、貴族の青年の成長をユーモラスに描く。

20世紀初頭のイングランド。伯爵家の跡取りであるチャーリーは、母の死後間もなく、愛人を後妻に迎えた父ジョージと決別状態にあった。やがて父の訃報を受け、居城であるバーリントン・ハウスを相続することとなったチャーリー。だがジョージの遺言により、邸以外の財産はすべて後妻のヴァネッサと、彼女の連れ子であるイザベルに譲られることが約束されていた。邸を維持する為、今後莫大な費用が必要となるチャーリーは、父と同様“持参金目当ての結婚”を迫られるが……

『相続人の肖像』公演解説

ちょっと没落しかけのイギリス貴族、ダラム伯爵家の跡取り息子チャーリーが主人公。

父親ジョージが死んで、通っていたオックスフォードからなぜか退学になり—そもそも、寄宿学校で落ちこぼれだったのにオックスフォードに入れたこと自体が裏口入学であったようだ—、父親の遺言で後妻とその連れ子である娘(義理の妹)と一緒に暮らすようにと言われて帰ってきた。父親と確執があってずっと帰ってきてなかった屋敷に。

父ジョージは若き日、伯爵家の土地屋敷を維持するために、本当に愛していた人との結婚を祖母(父にとっては母)に許されず、金目当てで愛のない結婚をする。その結婚相手がチャーリーの母親だ。家族に愛情をもてない父親は母親や子供に冷たくあたり愛のない家庭生活を送る。やがて母親は死に、子のチャーリーは父を恨んで家を出たのだった。

いっぽうで父ジョージとの結婚を反対された恋人は別の男性と結婚するが死に別れ、娘を連れて母子二人の生活に困っていたところを父ジョージが生活の援助をし、チャーリーの母が死んだのち、後妻として母子を屋敷に迎え入れた。が、祖母はいまだその後妻と連れ子を伯爵家の一員とは認めていない。

とか、喪中なのに財産目当ての結婚を画策すべくパーティー開いたり、彼ら貴族ってやだなあみたいな人でなしだし(ダウントン・アビーの雰囲気でもあるらしい)、新興貴族は金を持っていて華やか、そんな彼らを下に見る古いけれども財産無しの伯爵家……そんなどこか退廃した貴族生活において、愛を知らずにいたおぼっちゃまがついに愛を知るに至る話である。義理の妹イザベルをめぐる恋愛のライバルである、チャーリーのまたいとこにして子爵家の跡取り息子ハロルドは彼のほうが少し先にイザベルを好きになっていて猛烈アプローチをしているのには結果、チャーリーに出し抜かれてしまって恋愛の勝負に後から来たチャーリーに差されて負けてしまうのだね—ハロルドに対し、イザベルは恋愛感情を持てないでいる。イザベルもまた恋愛とはどんなものかわからず、恋に恋している状態なのだ。でもイザベルはチャーリーと出会って、喧嘩して、踊って気持ちが通じ合い、相思相愛になってしまう。たぶん愛に飢えている者同士なんだろうなあ—。ハロルドはイザベルにプロポーズまでしたのに、イザベルの気持ちが成熟して恋愛感情を持つまで待つつもりですらあったのに。まさに首の差で恋愛の勝負に負けたハロルドくんは芝居から格好よく退場……しかし

恋に負けた男に「ポル・ウナ・カベーサ」を踊らせる

芝居が終わった後いったん幕をおろしてまた幕をあげる、という形で始まるフィナーレ。幕があがると真ん中にハロルドが立っており、激しいアレンジのPor una cabeza(ポル・ウナ・カベーサ)でタンゴを踊りはじめたのには心底笑えてしまった。

ポル・ウナ・カベーサ、邦題「首の差で」、は、競馬用語になぞらえて、恋の駆け引き、恋の勝負に首の差で負けた男の歌である。ゴール前で後ろから来た馬に見事差されてしまったのである。そんな曲でもってハロルドくんがにこりともせず(ハロルド役はダンスが上手い蒼羽りくさん)素晴らしく格好良く美しくキレの良いタンゴを踊る。踊っている最中、ひたすら真顔なのが洒落すぎていて逆に最高に面白い。このシチュエーションのこの曲でその真面目くさった顔。この芝居が結果として「コメディー」だったんだなあとはっきりする場面でもあった。

少人数の公演ながら若手を中心にそれぞれ見せ場があり、貴族の挙措の美しさとともに垣間見せる高慢、使用人たちの生き生きとした庶民的なダンス(アイリッシュ・ダンス風)を見せて気取った貴族のダンスと対比させたり、華やかでダークで皮肉な洒落がきいた良いお芝居だった。遠路、観に行って良かった。

10月24日追記

相続人の肖像

作品の造形としては、ストック・キャラクター、ストック・シチュエーションを使った、コンメディア・デッラルテ的だとやはり思えます。

時代の変わり目でのイギリス旧貴族の相続騒動、極端なくらいに典型的な人物、状況を出す。ストックキャラクター等を使うことにより観客は登場人物個人個人特有の内面やアイデンティティなどを考える必要はあまりなくて、むしろ、劇で描かれている状況や時代・社会そのものや、人物の動き、演技を楽しむことに注力できる。

そんな、コメディ。

(追記ここまで)

ポル・ウナ・カベーサ(ポル・ウナ・カベサ)について

Por una cabeza 「首の差で」。タンゴの名曲。

作曲者カルロス・ガルデルが歌うオリジナル

1935年、ガルデル主演映画『タンゴ・バー』劇中歌。

D

D

映画などでも多く使われている

D

上記の編曲が入っているCD

Tango Project

美しかった宝塚の空、空気、水……

この日は宝塚は快晴でした。空が高くて空気も武庫川の水も澄んでいて、呼吸がなんだかとても楽でした。

宝もなか、美味

f:id:galanthus:20151018215630j:image:medium:left

劇場から宝塚駅に歩く途中、たぶん必ず通る道にあるお店。テレビでも時々取り上げられていて有名な「宝もなか」をお土産に購入。

ひとくちサイズの小さなもなか。皮にその場で粒あんをつめてくれるので、買った当日は皮はパリパリ(1日後2日後のほうがしっとりなって美味しい、とお店の人に言われた)、皮の香り高く、あんこの甘さもちょうどで非常に美味。私が買ったのは10個入りで1060円でした。

*1桜木みなとさんの愛称が『ずん』

2015-07-23

帝国劇場ミュージカル『エリザベート』観劇メモ

帝国劇場 ミュージカル『エリザベート』7月20日ソワレを観劇。

f:id:galanthus:20150720152740j:image:w360:right

ミュージカル『エリザベート』はいわゆる

がある中の、今回の帝劇は東宝版。私は東宝版は初観劇だった。

主要キャストはダブルキャストになっており、私が観た回のキャストは、エリザベート花總まり、トート井上芳雄、フランツ・ヨーゼフ田代万里生、ルドルフ古川雄大、ゾフィー香寿たつき、ルイジ・ルキーニ山崎育三郎 ほか、であった。

D

上記『エリザベート』プロモーション映像の最後のほう( https://youtu.be/PCus8RN9qiU?t=3m35s

エリザベートの「死」の直後のシーンや(トートは、それまでの薄笑いを浮かべた仮面的な死の顔とは全く違う、トート自身の『素顔』になっている。彼の『黄泉の国』にエリザベートが入ってきたからだ。初めてリアルで出会い、触れ合い、というより向こうが抱きついてきてトートは戸惑ってしまう。そして一瞬でまた別れ)、なにより、エリザベートが扇子で顔をバッと隠すシーン—一幕ラスト—など、エリザベートの花總まりさんが外見、所作とも美しくて本当に忘れがたい。

第2幕第11場「Hass」(憎しみ)について

Musical Elisabeth (stuttgart) - Hass

D

Elisabeth Musical Part Fifteen (English Subtitles)

D

が書いてくださっているように、この場面、直接にはシェーネラーを言っている。が、歌詞内容や動作から、最終的(やがて行きつく20世紀。未来に時が一瞬移っている)にはナチス・ドイツ、ヒトラーを示していることは明らか。

しかしこの《Hass》で

  • ウィーン版が—日の丸を一瞬想起させるような—架空の旗であるのに対し、
  • 東宝版ではナチス・ドイツのヒトラーとハーケンクロイツを出している。

それについて小池修一郎氏の過剰演出である、といった類の批判もあるようだ(インターネット上などでは散見される)。

が、それは、たとえば日本人に分かりやすいような安易な改変、という意味以上に、本来の狙いを掬い取った演出であったと考えるほうが妥当かもしれない。というのは、オーストリアでも(もちろんドイツでも)、いわゆるナチス禁止法があり、公共の場でのハーケンクロイツ使用禁止、ナチス式敬礼禁止(ナチス式敬礼…右腕を伸ばして肩から上にピンとあげ掌は下を向ける。だからウィーン版《Hass》でもギリギリ肩と水平までです)、ナチスの罪の矮小化禁止など非常に厳しく規制されている。たとえば↓

ウィーン版をオーストリアやヨーロッパなと欧米で演じる際にはナチス・ドイツを表現できない法律の障壁が、日本では可能であるので出したのではないかな、と、私としては思う。先に書いたようにこの場面は時制破綻、一瞬未来に飛んで見せているわけで、そこらへんは総合的には破調している場なのかな、とも。

トートと臨死体験

トートは臨死体験で出てくる登場人物(?)というか、ある人間がその生において限りなく死に近づいている時ににょきっと出てくるヤツなんだね。だから、たびにトートを拒絶し、棺の上にいて棺の蓋が開いたとしてもずるずる滑り台にしちゃうだけ、とりすがるだけ、で決して中に入ることのないエリザベートはやっぱり生きる力が強い。

総合的な雑感

宝塚版がトートが主人公なせいか死に惹かれたのに対して、東宝版では生命力の強さ、生きる力を感じた。エリザベートはトートを拒絶していつも強く生きるほうにいってしまう。死にたいと思って死のうとしても、体や心は生きるほうに進んでしまう。だから、エリザベートが本当に死んだのは肉体的にも死に近くなってたかもしれないですし、なんのかんのトートは実は反面教師というか、やはり生きているエリザベートをこそ愛したかったのかなあとも思ったのだった。ちなみに井上トートはエリザベートがいざ死んで黄泉の国で出会ってみれば、素顔でうぶな、戸惑いとも見える表情を浮かべる青年になっていたりする。

あと、今回は宝塚版に比べて男性出演者もいることで、いわゆる女の武器(という言い方もいやらしいが)である「美貌」の出し入れのリアルさも感じた。音楽的にもソロの順番や調、伴奏の楽器の違い、など、細かい違いが楽しかった。

レゴの再現(おまけ)

ウィーン版『エリザベート』再演版のレゴ

D