がるの健忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-02-05

[][][]邪悪だ…

多重継承。危険で、でもとても甘美な響き。

多分いまだ議論尽きせぬところかとは思いますが、それは「可能であればこそ」。「多重継承が出来ない」のなら、そも議論の俎上に上がることすらありません。

例えばPHPとかね。


え?

そんなあなたに耳寄りな危険情報。

http://php.benscom.com/manual/ja/ref.objaggregation.php

オブジェクトの集約/合成関数

-中略-

オブジェクト指向プログラミングでは、簡単なクラス (または インスタンス) を組み合わせてより複雑なクラスを作成するということが 一般に行われます。これは、複雑なオブジェクトオブジェクト階層を 構築するための柔軟な方法であり、多重継承と同等のことを動的に行う 機能を有します。 クラス(またはオブジェクト)を合成するには、合成される要素の間の 関係により関連(Association)と 集約(Aggregation)の 2 種類の方法があります。

関連は、独立に構築され、外部から 可視の部分を合成したものです。クラスまたはオブジェクトを 関連づける場合、各クラスは関連するクラスへのリファレンスを保持します。 複数のクラスを静的に関連づける場合は、クラスは他のクラスの インスタンスへのリファレンスを含みます。

-中略-

コンストラクタ (または他のメソッド) にリファレンスを渡すことにより 実行時に複数のインスタンスを関連づけることも可能です。 これにより、複数のオブジェクト間の関連を動的に変更することが 可能です。

-中略-

一方、集約では、合成されたパーツのカプセル化 (隠蔽) が行われます。(静的な) 内部クラス (PHP はまだ内部クラスを サポートしていません) を使用することにより、クラスを集約することが できます。この場合、このクラスを含むクラスを通じる場合以外、集約された クラスの定義にはアクセスできません。複数のインスタンスの集約 (オブジェクト集約) は、あるオブジェクトの内部にサブオブジェクトを 動的に作成することを意味し、この過程でこのオブジェクトプロパティと メソッドを拡張します。

オブジェクトの集約は、(例えば、分子は原子を集約したものであるといった) 包含関係を表す際の自然な方法であり、サブクラスを複数の親クラス およびそのインターフェイスに永続的にバインドすることなく、 多重継承と等価な機能を得るために使用できます。 実際、オブジェクトの集約はより柔軟に使用することができ、集約される オブジェクト継承するメソッドまたはプロパティを選択することが できます。

んと…設計間違えるとクリティカルにNGなことになるのは容易に予想がつきます。

そも

警告

この拡張モジュールは、 実験的 なものです。この拡張モジュールの動作・関数名・その他ドキュメントに書かれている事項は、予告なく、将来的な PHP のリリースにおいて変更される可能性があります。このモジュール自己責任で使用してください。

ってあたりから考えてもふつ〜「使うな」です。


でも…ちょっと*1心惹かれてしまうのはなぜ?(笑

# PHP使うのやめるんぢゃねぇのかよヲイ

*1:どころではなく

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gallu/20080205/p2